Quoi de neuf ?  

Reikocakesの教室の様子や、教室へご参加くださった皆様のご自宅でのお菓子制作レポート&私の日々のお菓子記録

Announcement

Posted by on 8月 21, 2017 in Quoi de neuf ?  , Schedule | Leave a comment

 

10月のレッスンの追加開催を10月21日(土)9:30〜13:00でただいま検討中です。

参加ご希望の方はContactより、またはEメールでご連絡くださいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

Announcement

Posted by on 8月 15, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

October lesson details will be released here on August 21st (Mon).

Thank you!

10月のレッスンのご案内開始は8月21日(月)、詳細はこちらに掲載されます。

なお、ご旅行などでお留守中で申し込みが難しいという場合はご連絡下さいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

久々のーーー

Posted by on 8月 13, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

 

 

長いこと視界が閉ざされていたバンクーバーでしたが、今日は久々のこの山景色。

今日の空気は澄んでる〜

 

Reikocakesでは週末 “Little Chef” が連日開催され、キラキラな笑顔が沢山!子供達の愛らしさと微笑ましさと、可笑しさと。美味しい幸せいっぱいの週末となりました。

子供達は未来へと輝くなんと尊い存在!このレッスンを通してその事を再確認しています。

“Litte Chef”、これからもまだまだ続きます。昨日今日とご参加くださいました皆様、本当にどうもありがとうございました!

フランス菓子・パン・おもてなし料理のトータルクッキングスタジオ Reikocakes

.

.

.

.

私もHoney Bee も大忙し

Posted by on 8月 9, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

 

皆様こんにちは。

8月に入り、今月はお料理レッスンを2種開催しているため忙しさMAXでなかなかこちらを更新できずにおりました。

10月のレッスンのご案内も遅れておりまして大変申し訳ございません、ご案内開始は来週以降となります。ご案内開始日が決まりましたらウェブサイト上でご連絡させていただきます。

私生活では、9月の子供達の新学期に向けて少しずつ心の準備が始まっております、、、駄目ママでも一応お母さんのワタクシ、9月からは毎朝5時半起きです。既にちょっと緊張してきました

皆様夏の日々いかがお過ごしでしょうか。

 

 

ここ最近我が家の薔薇姫にやって来るのはこのお方。

 

一見何気ない風景のようですが、昨今激減しているという蜜蜂。

花から花へ、せっせと働くその小さな姿が見られることは何とも尊いことですね。。。

フランス菓子・パン・おもてなし料理のトータルクッキングスタジオ Reikocakes

 

 

 

 

 

 

 

Announcement

Posted by on 8月 2, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

We now have one availability for Cooking Lesson ” Summerlicious” on August 19th ( Sat).

Please let us know if you would like to join.

Thank you! FULL

8月19日(土)のレッスンにお席が一席できました。

参加ご希望の方はご一報くださいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。 満席になりました

 

 

 

中国茶、そしてグロセイユのジュレ再び

Posted by on 8月 2, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

 

 

皆様こんにちは。

先日のコース料理レッスンにご参加くださったY子さんより本場の中国茶をいただきまして、上海からお持ち帰りになったとのことでした。

美しい茶葉。

 

すっきりとした飲みごこちの中にほのかな甘さも感じる上品なお味です。

お心遣いを本当にどうもありがとうございました。

 

 

 

先日また作ったグロセイユのジュレは今回ホワイト。

コンフィチュールとは違い果肉が入らないそのクリア感と素朴な甘酸っぱさ。やっぱりジュレはこれが最高に好きです。

 

まだ市場にグロセイユ出回ってます、作る時は必ず美味しい白ワインを効かせて♪

スコーンレッスンにご参加くださったマルコポーロジュレ好きの貴女、これもきっとはまりますよ〜

レシピはこちらをどうぞ

フランス菓子・パン・おもてなし料理のトータルクッキングスタジオ Reikocakes

.

.

.

.

.

.

.

夏のローカル果実大好き!素材の持つ美味しさを最大限に活かしたイギリスのデザート作り

Posted by on 8月 1, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

 

 

皆様こんにちは。

カナダでは入手できないと思っていた生のミラベルが手に入りました。

 

普通のプラムの半分ほどの大きさのプラム、ミラベルは甘みが強く大変美味。フランスやドイツでこよなく愛され、その収穫の季節にはミラベルを使ったお菓子をよく見かけます。その昔ミュンヘン在住時にはミラベルのタルトが好きで好きでよく食べました。

あちらヨーロッパのミラベルは黄色なのですが、今回入手できたBC産のものは赤とオレンジ色の混ざったもの。パクッと一口で食べられる大きさのそのコロコロ可愛い姿と甘〜くジューシーな果肉が最高に美味しい♪

 

さ〜てこれを使って何を作ろうかな。ーーーと思っていたのですが、ちょうど先日のコース料理のレッスンの中で皆様にヘーゼルナッツシュトロイゼルを使った番外編の一品としてオススメしたのがイギリス在住時の懐かしのデザート、クランブル。レッスンの際作り方のご質問を色々と頂いたので、こちらの作り方をご参考にご家庭で作って頂けたら、と思います。

クランブルは、オーツを使ったものやら様々にレシピはありますが、只今コース料理レッスンでご紹介中のシュトロイゼルレシピを使用して作るクランブルがやっぱり最高です。普段我が家では大きな耐熱皿を使用してど〜んと家族全員分作るのですが、今回はラメキンを使い一人分サイズで作りました。

夏のローカル果実 Love! 開催中のコース料理レッスンではクランブルをマスカルポーネのソルベ&さくらんぼのポワレと組み合わせていますが、こちらのクランブルもそれに負けず劣らず美味。

季節によって使う果物を変えて、一年中フルーツ感を満喫できるのが魅力のデザートですーーー

 

 

 

 

*:・゜。*Heavenly Delicious ! Summer Crumble with Local Fruits*:・゜。*

夏のローカルフルーツでヘブンリーデリシャスなクランブル

 

 

《材料》

ヘーゼルナッツシュトロイゼル        2017年8月のコース料理レッスンでご紹介中のレシピ1単位 

夏のローカルフルーツ色々取り混ぜて(今回はミラベル、さくらんぼ、ブルーベリー、ルバーブを使用)使用容器に合わせ量は調整

 

*:・゜。*:・゜*:・゜。

 

 

《手順》

1、果物は一口大にカットし、さくらんぼなど種のあるフルーツは果実を半分に切って種を取り除く。ルバーブ使用の場合はそのままざく切りにする。カットしたフルーツは大きい耐熱皿に、あるいは一人用サイズのラメキンに入れる。

 

2、シュトロイゼルを果物の上に散らす。果物が隠れるぐらい、十分な量を散らします。

 

3、360Fに予熱したオーブンで、一人用ラメキン使用の場合約40分焼く。焼き上がり具合は “グラタン” の要領。容器の縁からジューシーな果実が ”グツグツ” してくるまでしっかりと焼きます。

 

4、熱々をふうふう言いながら食べるのがなんて美味しい♪ 泡だててない無糖生クリームをタラーッと垂らして食べるのがイギリス流。濃厚なGreek Yogurtを添えて食べるのが私流。

 

 

オーブンで焼く際フルーツにはお砂糖は一切加えず、果物本来の自然の甘酸っぱさと新鮮さを楽しむのが私のレシピです。上に乗せたシュトロイゼルのサックサクな香ばしさと素朴な甘み、グツグツに焼けた旬の熱々フルーツ、お好みに合わせて冷たい生クリームやアイスクリーム、グリークヨーグルトを添えて。

熱々、ひんやり、サクサク、とろーり、賑やかなコントラストが最高に美味しい♪ 病みつきになります。

普段お菓子は食べるより作る方が好きな私ですが、今回出来上がったそばから一人で二人分の熱々クランブルを一気に食べてしまいました。。。甘さ控えめでフルーツたっぷり、これは余裕で朝から食べれるな〜

最近出回り始めたローカルのピーチや杏もクランブルにすると最高に美味しい素材です。

シュトロイゼルはそぼろ状にして冷凍保存しておくと、ふと食べたくなった時や急なお客様の際にいつでもクランブルが作れてとっても便利!

美しく輝く旬の地物果実を見るとあれこれ無性にお菓子が作りたくなるこの季節に我が家で何度でも作っては食べる、大好きな一品です。

 フランス菓子・パン・おもてなし料理のトータルクッキングスタジオ Reikocakes

 

 

 

 

 

 

Bon Appétit! Lesson Participants’ Baking Scenes

Posted by on 7月 31, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

 

 

皆様こんにちは。

明日から8月!ええ〜っ!子供達の夏休みも中間地点に差し掛かりました。私以外の家族は皆日焼けして真っ黒!皆様もキャンプや海水浴など思い思いにバンクーバーの夏を満喫していらっしゃることと思います。

 

7月のパッションフルーツのアントルメレッスンにいらしてくださったMさんから自宅製作のお写真をいただいております。今回このコーナーに初登場!本当にどうもありがとうございます。

お客様をお招きしてのお手製ランチパーティーにて、〆のデザートとしてこのムースを製作してくださったそうで、数々の手順を丁寧にきちんと踏んで仕上げたその一品、お写真を拝見した時はその美しさに思わずおおーっと声をあげたくなったほど。

鮮やかな色のデザートとお色がぴったりのひまわりの花とのコーディネートも素敵ですーーー

 

 

*:・゜。*:・゜*:・゜。

 

『先日教えていただいたパッションフルーツのムース、もう一度味わいたくて、頑張りました〜

2倍量で作り、友人とのランチのデザートにはホールで、

家庭用にはグラスで。

 

ハンドミキサーで挑んだイタリアンメレンゲが一番の不安要素でしたが、何とか形になって嬉しい♪

来月母が遊びに来るので、また頑張ります!』

 

*:・゜。*:・゜*:・゜。

 

 

最終工程のグラサージュまでしっかり作ってくださったMさん、普段どんなお菓子作りをなさっていらっしゃるのかと思っていたら、こんなにも素敵なお菓子作りをなさっていたとは❤️

8月はロッキー山脈へご旅行でしたか?澄んだ空気を深呼吸して雄大な山景色を満喫していらっしゃってくださいね♪

また次回のレッスンでお目にかかるのを楽しみにしております。今回はご登場くださいまして本当にどうもありがとうございました。

フランス菓子・パン・おもてなし料理のトータルクッキングスタジオ Reikocakes

 

 

 

 

 

 

Lesson : Italian Meringue and Mousse

Posted by on 7月 28, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

 

 

皆様こんにちは。

今月は太陽の光と海をテーマにーーー

 

 

 

 

 

トロピカルなアントルメのご紹介をしていました。

ハッとするほど爽やかでお口に入れた途端に溶けてなくなってしまう程繊細なパッションフルーツのムースは手間と愛情をかけて驚くほどフレッシュな美味しさと儚い泡のような口どけが自慢。これをマンゴー&ココナツと組み合わせました。

デコレーションは夏の海の世界ーーー私が作ったマリーンテーマのショコラ・ブランの貝殻や魚を

 

 

 

海の泡のイメージでブルーや白の玉と一緒に思い思いに飾ります。

 

 

 

レッスンにご参加くださった皆様のどの作品も本当に美しく仕上がりました。

 

 

 

我が家ではオットが一度に一台の半分を平らげてしまう勢いのこのケーキですが、

 

 

皆様もお持ち帰りの一台がファミリーやご友人の皆様に喜んで頂けたこと願ってます。

レッスンにご参加くださいました皆様、教室へ足をお運びくださいまして本当にどうもありがとうございました。

なお10月のレッスンのご案内は8月の第1週目または第2週目に開始させていただきます。ご案内開始日は決定次第ウェブサイトに掲載いたしますが、ご旅行などでレッスンのお申し込みが難しいという場合は当方までご遠慮なくご連絡くださいませ。

 

 

それでは皆様引き続き楽しい夏を〜♪

フランス菓子・パン・おもてなし料理のトータルクッキングスタジオ Reikocakes

.

.

.

.

 .

.

Private Lesson

Posted by on 7月 23, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

 

 

皆様こんにちは。

シアトルから参加者の方々がレッスンにいらしてくださいました。

 

 

 

 

昨日特別開催したプライベートレッスンで2つのお菓子を、そして本日開催された通常の7月の製菓レッスンにもご参加くださり、2日間で合計3つのお菓子を製作しました。

1歳にもまだまだ満たないベビちゃん達がいる美ママさん達はプライベートレッスン前日に家族でバンクーバー入りし、2日間のレッスン中はパパ達がベビーシッター役を引き受けママ達のお菓子作りに対する熱意にご協力くださいました。

本日の7月の製菓レッスン終了時間にベビちゃん達を抱っこ紐で抱っこしてぞろぞろと教室にママ達をお迎えにいらっしゃったアメリカンの新米パパ達。作ったケーキにオーとかワォとか賞賛の言葉の数々の後、その足でアメリカに皆様ご帰国。私にとっても昨日今日と大変有意義な2日間となりました。

 

 

さて、プライベートレッスンでは途中ランチ休憩に軽いランチをサーブさせていただいておりますが、今回のレッスンでは、

レモングラス風味のトマトコンソメ

 

ホワイトアスパラガスと鴨肉、夏の爽やかなハーブたっぷりの一品

 

 

 

レッスンは順調に進み、2種のお菓子が完成しました。

 

 

 

どちらも過去の製菓レッスンで取り上げたお菓子ですが、今回新バージョンでお届けしました。

 

 

今頃無事アメリカにご帰国なさった頃かな?今回は本当に楽しかったです。愛する奥様達のために一緒にバンクーバー入りしてベビちゃんのお世話を引き受けてくださったとっても素敵なご主人様達にも心から感謝。

赤ちゃんが生まれたばかりで毎日が新しい発見と大変さの連続で本当にめまぐるしいとおっしゃる美ママさん達。そんな毎日の中でご自分達のお好きなお菓子作りを出来る限り楽しみながら、気持ちに余裕を持ってのびのびと子育てしていきたいとはるばる遠くからレッスンにいらしてくれたそのバイタリティー。明るい笑顔に溢れ、日々をエンジョイし眩しいほどに輝くママさん達を目の当たりにして私も喜びと感謝の気持ちでいっぱいになりました。 お料理やおもてなしも大好きというお話で、近い将来是非お料理レッスンにもご参加くださいね♪

今日は肌が嘘みたいにすっべすべのかわゆ〜い赤ちゃん姫を抱っこできて私も相当癒された〜❤️

 

美ママさんのお一人から頂いた自家製味噌、最高に美味しかったです。

お心遣い本当にどうもありがとうございました。

なんでも10月にまたレッスンの履修にいらっしゃる計画を立てているみたいで、私も心から楽しみにしています♪

 

なお、プライベートレッスンについてのお問い合わせを皆様より何件か既に頂いておりますが、詳細はこちらに記載しております。ご質問等ございましたらご連絡くださいませ。

 

 

また秋に教室で再会できる日を心待ちに。今回はレッスンにご参加くださいまして本当にどうもありがとうございました。

 

フランス菓子・パン・おもてなし料理のトータルクッキングスタジオ Reikocakes

 

 

 

 

 

 

 

美人に棘あり

Posted by on 7月 20, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

 

 

皆様こんにちは。

朝の雨から午後は青空へと気まぐれなお天気の一日。

今週末は製菓レッスンが土日で2種行われるのに向けてただいまその準備で大わらわの日々です。

 

 

我が家の箱庭の薔薇たち、新しい蕾が育っては日々花開いています。

 

 

美人はさすが棘も一級品。

これが相当痛い!

フランス菓子・パン・おもてなし料理のトータルクッキングスタジオ Reikocakes

.

.

.

.

.

Bon Appétit! Lesson Participants’ Baking Scenes

Posted by on 7月 14, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

 

 

皆様こんにちは。

雲ひとつない快晴の一日、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

ご自宅製作のご報告を頂いております。

4月に初ベビちゃんがご誕生になって、異国の地でご主人様との二人三脚で子育てに奮闘していらっしゃるMさんから。いつも本当にどうもありがとうございます。

ご出産前からその素晴らしい腕前で数々の素敵なお菓子製作のご報告をくださっている彼女ですが、間もなく3ヶ月になろうとしているキュートな女の子ベビちゃんのお世話に追われて日々があっという間とのこと。今月のパッションフルーツのアントルメのレッスンにも先日ご参加くださいましたが聞くところによると、いつも思わぬところでベビちゃんからの中断が入ってお得のお菓子作りが満足にできない日々を送っているそうです。。。

それでもご出産して2か月後にレッスンにご復帰くださり、限られた時間でもできる限りお菓子作りをしようとしているそのご姿勢!6月の折り込みパイ生地レッスンの後も何かを作りたいという衝動に狩られ、とりあえずクレーム・ディプロマットだけ作ったとか。

お気持ち本当に分かりますよ〜。私も一人目が産まれた頃は全く同じ気持ちだったから。今度気分転換に是非料理担当講師の仕事場にご主人様と一緒にディナーにでもお出かけくださいませ?そこから徒歩五分の我が家でベビちゃんは私が見てますから♪

今後もMさんのリクエストにどしどしお応えしてレッスンでお好きなお菓子を沢山ご紹介していきたいと思う次第ですーーー

 

*:・゜。*:・゜*:・゜。

 

 

『こんにちは!

先日のケーキ、本当に美味しくて夫も絶賛で!!なくなっちゃうのが惜しいと思いながらもペロリでした(笑)

家に食べ頃のマンゴーもあったので一瞬頑張ろうと思いましたが…やはり断念しました(*_*

なので、まだ作っていなかったスコーンと、クロワッサンの時にやったマンゴーパイナップルのコンフィチュールを作りました★

 

スコーンは少し焼き色がつき過ぎちゃいましたが味は美味しかったです!

 

今回はジュレではなく以前習ったマンゴーとパイナップルのコンフィチュールを作って一緒にいただきました☆

少し膨らみが足りなかった気もしますが、焼きたてをおうちで食べれるのでまた作りたいと思います。』

 

*:・゜。*:・゜*:・゜。

 

 

Mさんからいだだいているレッスンリクエストにお応えして、秋から冬のレッスンでご紹介できるようあれこれ試作に奮闘中。

ということで、今後のレッスン案内どうぞお楽しみに〜

お菓子作り以外にも、子育てで入りようなことがあったらお気軽にご連絡くださいね!

お忙しい中素敵なお菓子作りのご報告を本当にどうもありがとうございました。

 

 

我が家のいちごちゃん、ただいま豊作です♪

フランス菓子・パン・おもてなし料理のトータルクッキングスタジオ Reikocakes

 

 

 

 

Announcement

Posted by on 7月 12, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

7月16日(日)のレッスンにお席が1席できました。

ご参加ご希望の方はEメールまたはこちらよりご連絡くださいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。

フランス菓子・パン・おもてなし料理のトータルクッキングスタジオ Reikocakes

 

 

 

 

 

 

Mousse aux Cerises さくらんぼのムース

Posted by on 7月 12, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

 

皆様こんにちは。

気持ちの良い夏の日々、本当に最高。いいお天気に誘われてあれこれ夢のようなことを考えながら現実は超超多忙な毎日を送っています。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

お菓子の製作依頼を頂きました。

ご結婚記念日のお菓子ということで、若々しくキュートなご依頼主様カップルをイメージし、今がシーズン真っ盛りのさくらんぼを主体としたお菓子を製作させて頂きました。

さくらんぼのムースとダークチョコレートのクレムー、さくらんぼのコンフィ入りのアントルメです。

 

 

お若いお二人を連想させるような色合いと、デコレーションにはお二人の今後末長い幸福を祈って幸運を呼ぶと言われるてんとうむしのショコラを選びました。

 

 

今後もベビちゃんのご成長ぶりを温かく見守らせて頂きますよ♪

今回は製作依頼を頂きまして本当にどうもありがとうございました。

 

フランス菓子・パン・おもてなし料理のトータルクッキングスタジオ Reikocakes

 

 

 

 

 

 

夏のレッスン開催中*:・゜。

Posted by on 7月 9, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

 

皆様こんにちは。

青い海と太陽の眩い光の季節にぴったりのケーキレッスンただいま開催中です。

レッスンへのご参加をご希望の場合はどうぞこちらからお問い合わせくださいませ。

フランス菓子・パン・おもてなし料理のトータルクッキングスタジオ Reikocakes

 

 

 

 

真夏の果実を一年中楽しむためにーー仕込み

Posted by on 7月 6, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

 

皆様こんにちは。

オットが注文していた梅がどさっと来ました。

 

我々共に目がない大好物の梅酒を大瓶で何本も何本も仕込みます。

ちなみに我が家で今飲んでいるのは3年物。大切にちびりちびりと飲んでます。

 

そのほか梅シロップを1瓶作り、それから梅の甘煮ーーー

を作っているつもりが、、、梅の下ゆでの時点で茹でていることをすっかり忘れて他のことに没頭してしまいまして。きゃ〜

甘煮用の梅は傷のない美しい粒だけ選抜して、一粒一粒針で表面に穴を開けたりと結構な作業をしたのに全部ボツ。相当ショックでしたが気分を改めコンフィチュールに仕上げました。。。

 

このコンフィチュールはチーズと合わせたら大変美味でした。合わせたチーズはケベックで1860年から続くフロマジェリー Du Village のLe Pleine Lune。このチーズは熟成された香りとコクがあるのですが癖がなく、何に合わせても食べやすい美味しさで気に入っています。ドライフルーツとナッツのパンと共に。

 

 

 

これと一緒にアルザスDomaine Bott-Geylの白。

冷た〜い白ワインはやっぱり夏に最高。こちら飲みやすくてその上お手頃価格です。

 

 

 

最後に。

盛りに突入したさくらんぼ。今回使うのは無農薬のSour Cherryでスーパーマーケットには出回らない貴重品です。

サワーといってもさほど酸っぱくなく、そのままパクパク食べられる程度の酸味。アメリカンチェリーとは違う、プチプチッとした食感がなんともいえず美味しい。

洋酒に漬け込んで製菓用として。

いつも買う農家さんのお話では今週がこのサワーチェリーシーズン最後だとか。その前に再度購入する予定。

夏以外は多くの野菜果物を輸入に頼らざるを得ないカナダで、この時期出回る地物を是非ともめいっぱい楽しみたいものです。

 

 

それにしても今年の夏は今のところ爽やかなお天気に恵まれてそよ風もなんて気持ちがいい。

家族はマリンスポーツ、私は園芸や新鮮な季節素材でお料理、、、そして何と言っても食べて飲む!

貴重なお日様のもと、何でも楽しさ倍増ですね。

フランス菓子・パン・おもてなし料理のトータルクッキングスタジオ Reikocakes

 

 

 

 

季節を愛でるシンプルレシピ

Posted by on 7月 3, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

 

皆様こんにちは。

今日はジュレのお話。

4月のレッスンでご紹介したマルコポーロのジュレは、レッスンにご参加くださった皆様に大変喜んで頂きまして、本当にどうもありがとうございました。

今回ご紹介するのは今がシーズン真っ盛りの果物を使ったレシピです。

ファーマーズマーケットやオーガニックのスーパーマーケットでちょうど今並んでいるこちら。使い方が分からず横目に通り過ぎているかもしれませんが。。。

グロセイユ(赤すぐり)。英語名はRed Currant.

美しく光り輝くこの実は夏のほんの短期間しか出回りません。季節の味をシンプルで失敗知らずのレシピで愛でる。ルビーのように美しい真夏のジュレ作りですーーー

 

 

*:・゜。*Gelée de Groseilles / Red Currant Jelly*:・゜。*

モスカートワイン風味のグロセイユのジュレ

 

《材料》

グロセイユ(赤すぐり)            1パック(約300g)

グラニュー糖                 グロセイユの重量の60〜70%

レモン汁                   1/4個分

モスカートワイン(orお手持ちの白ワイン)   25ml

 

*:・゜。*:・゜*:・゜。

 

《手順》

、グロセイユは洗って茎から身を外す。

、グロセイユとグラニュー糖を鍋に入れて中火にかける。

火にかけ始めて最初はこんな感じですが、

 

温度の上昇と共にあっという間に果汁が出てきます。


 

、そのまま5分ほど中火で煮る。

、ボールに漉す。

 

多少ゴムベラで身を押して水分を出す。

 

、グロセイユのジュースを鍋に戻します。こんなに綺麗なルビー色です。

 

レモン汁とモスカートワインを加えて中火の強にかける。

 

、絶えずかき混ぜながら煮詰める。灰汁を取りながら。

、泡がこんな感じで小さくなってきたら、

もうそろそろ出来上がりの合図。

5月のジュレのレッスンにご参加くださった皆様、煮上がりの見極め方法覚えていらっしゃいますか〜

 

、熱いうちに殺菌消毒したジャム瓶に移し、長期保存の場合はレッスンでもご紹介した瓶の密封処理をしますが、グロセイユ1パケットでおよそ250mlのジャム瓶1瓶が出来上がり量。長期保存というよりも夏の終わりまでに食べ切ってしまうかもしれません、、、

 

鮮やかな色彩と透明感が美しいジュレ。プルンプルンで甘酸っぱ〜い。

 

5月のレッスンでご紹介したマルコポーロのジュレは気品あるお味なのに対し、こちらは酸味のある素朴な美味しさ。あちらと同じく病みつきになります。

ワインを入れなくてももちろん作れますが、モスカートなど風味の良いワインを入れることにより一層フルーティに楽しめます。

果肉が入るコンフィチュールとはひとあじ違う繊細な味と食感がジュレの魅力。

教室へお越しくださっている皆様、お作りの際は是非ご報告くださいませ*:・゜。*

4年ぶりのレシピ更新でした!

 

フランス菓子・パン・おもてなし料理のトータルクッキングスタジオ Reikocakes