Summer Special Lesson 《French Cuisine at Home》

Posted by on 8月 28, 2016 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

涼しい8月末の日曜日。お昼過ぎからパラパラと小雨が降ったり止んだり。夕方には虹も見えました。

 

 

Reikocakesでは、昨日土曜日に夏の特別レッスン最終日が無事終わりました。今月のレッスン、教室に初めてご参加くださる方々が何人もいらっしゃいましたが、お料理を囲むと初対面でも和気あいあいとした雰囲気になり、笑い声も聞こえてきてその場がたちまち和やかになるというのは、やはり皆で食卓を囲むという事のパワーだな〜と改めて思いましたーーー

 

 

 

 

アミューズブッシュはフレッシュな桃のスープをイタリア産スプマンテと一緒に。

 

 

 

ウフ・ココットをアントレとして。こちらは季節真っ盛りのシャンピニオン・ソバージュ、いわゆるワイルドマッシュルームとSauce au Vin Rouge とともに。器の底にも隠し味が隠れています。地物のフレッシュChanterelleやMorelといったきのこ達にお目にかかれるのは今の短い期間だけ。種類別にきのこの処理方法もご紹介しました。そしてこのフランス料理の王道クラシックソースは今では残念な事にフランス料理のレストランでもだんだん作る事が少なくなってきたとシェフも言っていましたが、これが何といってもとびきりの美味しさ。

 

 

前回の特別レッスンでお魚のメインディッシュをご紹介した事もあり、今回メインはオーガニックのお肉を使った煮込み料理。この特別レッスンのためにワイナリーから注文した白ワインとともに。

 

 

チーズコースで今回ご紹介したチーズ2種。

 

一つ目は2年熟成もののチーズをフランスから。そしてもう一種はケベック州から、どちらももちろんRaw milkを使ったチーズ。ケベック州のほうは、特定の5農場のみで生産されたミルクのみを使い、昔ながらの酪農とチーズ生産法を温存していこうという考えのもと生産されています。こちら大変ハイレベルなお味でフランスで食べるのと同じぐらい美味しい!チーズでした。。。

 

デザートは私のお気に入りのカフェとココナツの組み合わせで。ご家庭でアントレからデザートまでフルコースを負担なく作って頂けるよう、いつものお菓子教室でご紹介するアイテム達よりもシンプルなものを。それでいてコースの締めくくりはとびきりの美味しさでおもてなしの場を盛り上げましょうというコンセプトでのコース料理のデザートです。

 

 

レッスンにご参加くださったRyokoさんが、こちらのワインを持ってきてくださいました。本当にどうもありがとうございます。

  お互いワイン好きな私達。ワインは赤より白の方がお好きということですが、今回レッスンでご紹介した白ワインはRyokoさんに気に入って頂けたでしょうか。今度是非イケメンご主人様もご一緒にお料理レッスンにご参加くださいませ?

 

そしてこちらはCarmina夫妻から頂いたワイン。

 グラスにワインを注げば注ぐだけ涼しい顔でたちまちグラスを空にする頼もしいカップルです。あの日のレッスンは皆で相当盛り上がりました。。。

 

今日は教室の後片付けとともに、料理担当シェフとレッスンの反省会。昨日のレッスンにご参加くださったご夫妻から今朝早速嬉しいメールも頂きました。

今回の特別レッスンにご参加くださった方々からご自宅製作のお料理のお写真ももう既に頂いております。本当にどうもありがとうございます。明日以降順次皆様にご紹介させて頂きます♪ ご自宅製作のお写真はもちろんのこと、レッスンにご参加してのご感想やレシピについてのご質問などもお気軽にお寄せください。どうぞよろしくお願い致します。

さ〜て、9月ももうそこまでやってきました。食欲の秋、で、9、10月は秋の味覚を使った美味しいお菓子をご紹介していきます。

夏の特別レッスンにご参加くださいました皆様、ご参加本当にどうもありがとうございました。