Paris

Palais Garnier

Posted by on Nov 1, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

 

皆様こんにちは。

今週末納品のお菓子の大口注文製作を控え、慌ててパリから戻ってきました。

パリ滞在中はバンクーバーに残してきた子供達の学校とのやり取りや、教室にご参加くださる皆様との様々なメール業務連絡が毎日てんこ盛りで、パリにいながら心はバンクーバーに残したまま。という感じでもありましたが、向こうではいつもに増して素敵な出会いや学びがありました。

今後レッスンで皆様により充実した学び多き時間を過ごしていただけるよう、そして毎回のレッスンに少しでも磨きがかかるよう今回の収穫を胸に日々ますます精進してまいりたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

パリ滞在日記の追記としてーーー

パリ・オペラ座でのバレエ鑑賞、夜公演で行ってきました。

 

開場時間まで、近くのカフェでキール・ロワイヤルを飲んで時間を待ちます。

 

 

薄暗くなってきた劇場前はすでに大賑わい。

 

 

 

写真下は劇場内を入ってホールまでの廊下。

このボルドー色とゴールドのコンビネーションはなんだかロンドンのオペラハウスを思い出させます。

 

数ヶ月ぶりに見るシャガールの天井画ーーー

 

どうやら本日満席のようです。

 

座席はオーケストラも見えるオーケストラストール前方席。

 

 

この日は花形エトワールが何名も出演し、品目はモダンバレエ3作:

20世紀最大の振付家の一人、ジョージ・バランシン振付のAgon、日本人振付家勅使河原三郎氏のGrand Miroir、そして私の中で今日の目玉作品、ピナ・バウシュ振付のLe Sacre du Prantemps(春の祭典)です。

 

 

今回の公演を振り返り、ダンス以外で特筆すべきこと第一点目は、勅使河原氏の作品でバイオリニストの諏訪内晶子さんがソロでバイオリンを弾いていらしたこと。

勅使河原氏の作品を、諏訪内晶子さんのバイオリンで、パリ・オペラ座のエトワールたちが踊る。こういう乙な組み合わせはさすがパリ・オペラ座です。

彼女が長い黒髪をなびかせ美しい姿で奏でる素晴らしいバイオリンの演奏。なんだか素敵なサプライズプレゼントを頂いた!という感じでした。

 

 

公演最後は一番楽しみにしていたピナ・バウシュ振付のLe Sacre du Prantemps。モーリス・ベジャール氏振付のそれを見たのはかれこれもう20年ほど前、ピナ・バウシュ振付のものは今回が初めてです。

さて、今回の公演で特筆すべきこと第二点目はーーーこの演目用の舞台演出。

こちらが始まる前の幕間のインターバルの間、舞台の幕が開いたかと思うと裏方さんたちが何やらせっせと作業を始め、

そのうち大量の土を運んできて舞台上にその大量の土を敷き始めました。

まさか!この土の上でダンスするのでしょうか。

 

というわけでいよいよ始まりましたーーーー

総勢30名ほどのダンサーたちがストラヴィンスキーの音楽に合わせ土の上を裸足で踊るという、恐ろしいぐらい圧巻の迫力。

途中土埃を上げて激しく踊る女性エトワールの胸がはだけ(ええっ!!)、最後までそのまま踊ってたあれは、、、果たして事故か演出か??

私としては見てはいけないものを見ている気がしてしまいもう相当びっくりしました。。。じ、事故だったんじゃないかな。。。

ダンサー達はもちろん最後は土まみれ。観客達のスタンディングオーベーションで公演は名残惜しくも幕を閉じました。舞台上はどこもかしこも土だらけできっとこの後の舞台清掃は相当大変だ〜

 

 

終演時刻は夜10時を回り、オペラ座を後にして後ろを振り返ってみればーーー

麗しき壮大な建物はくっきり誇らしげにその姿を浮かび上がらせていました。

 

 

 

雨を覚悟してバンクーバーに戻れば、秋晴れ紅葉真っ盛り!今晩は月も良く見える〜〜♪

11月のレッスン、間もなく始まります。ただいま追加開催を今月後半で検討中です、参加ご希望の方は是非お問い合わせくださいませ。

そしてレッスンにご参加くださいます皆様、フェスティブな年末に向けて楽しい集まりのために作りたい!美味しい品々の数々をご紹介していきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

フランス菓子・パン・おもてなし料理のトータルクッキングスタジオReikocakes

.

.

.

.

.

.

 

本日のあれこれ

Posted by on Oct 30, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

 

皆様こんにちは。

秋になると朝8時を回っても夜のような暗さで一瞬たじろいでしまう、パリの朝。

 

 

ホテルリッツで働く知人に会いにリッツへ。

入り口では美しいアマリリスの生花アレンジメントがお客様をお迎えしていました。

 

しばらくロビーに座って知人を待ちます。

この日は優に身長200㎝を超えているのではないかというほど背の高いファッションモデルの方々が美しいカクテルドレスをまとっての撮影が行われていました。

 

 

 

外食続きの毎日ですが、たまには滞在先で料理。

いかにも手作り感があるその姿と、風味もまるでチーズのようにマチュアなお気に入りのバターをたっぷりと使ってーーー

 

マルシェで購入した秋のお馴染みのきのこであるChantrelle茸をソテーしていきます。旬真っ盛りで本当に新鮮。

価格が高いエリアのマルシェでの買い物でしたが、それでもバンクーバーの某オーガニックスーパーマーケットで普通のボタンマッシュルームを購入するのと同じぐらいのお値段、というお手頃価格だったのには嬉しびっくりでした。

 

 

今日の最後に。

ショコラの巨匠のショーウィンドーはただいまこんな感じ。

オリジナリティーが大切であると考え、自分自身の確固たる意見を持つことを当然とするフランス人の気質は子供の頃からの教育によって育まれている、と以前あるフランス人から伺ったことがありますが、自分らしさを追求し表現するその姿勢。本当に素敵です。

フランス菓子・パン・おもてなし料理のトータルクッキングスタジオReikocakes

.

.

.

.

.

秋を料理する

Posted by on Oct 28, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

 

相変わらず穏やかなお天気続きのパリ。

 

 

 

先日の料理講習の一コマから。

狩猟解禁されたばかりのジビエや秋の素材を贅沢に使ってーーー

 

キジ肉はなかなかワイルドな匂い。汗

 

こちらはフレッシュのCep茸。日本ではPorcini茸の名で呼ばれているきのこです。

 

 

では、仕事始めはキジ足をちょん切るところから。

いざ出陣ーーーーー

フランス菓子・パン・おもてなし料理のトータルクッキングスタジオReikocakes

 

 

 

 

 

 

カフェとワイン

Posted by on Oct 27, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

 

皆様こんにちは。

緊張感に溢れ、スケジュール目まぐるしいパリでの日々に体がびっくりしている感じですが、、、元気に過ごしています。

 

曇り空の一日。

 

 

午後からのワイン講習の前に、まだ人もまばらないつものカフェで朝のコーヒーを飲む。

 

 

 

ワイン講習会にて、コルシカ産のレアワイン。市場にはほぼ出回っていない超少量生産の一本だそうです。

こんな貴重なワインに出会えたことに感謝。

どのワインも唸るほどの美味しさ。軽く6杯は飲んだかな

フランス菓子・パン・おもてなし料理のトータルクッキングスタジオReikocakes

 

 

 

 

 

 

 

秋の夜長

Posted by on Oct 25, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

 

いいお天気に恵まれた今日。

上着を着ていると汗ばむほどの暖かさになりました。

 

昨晩は友人が予約をしておいてくれたレストランにディナーへ。

待ち合わせ場所近くには、かの有名なこちらのカフェ。夜になっても人足が絶えません。

 

 

エッフェル塔は真っ暗な空を背にロマンチックに照らし出されーーー

.

パリの街の夜景とエッフェル塔の見えるレストランでの食事会、久々に再会する友人と話が弾んで帰宅したのは零時を回ってから。

更けゆく秋の夜、人々はワイン片手に思い思いのひと時を楽しみ、街はいつまでも賑わっていました。

フランス菓子・パン・おもてなし料理のトータルクッキングスタジオReikocakes

.

.

.

.

.

暖かいパリです

Posted by on Oct 23, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

 

皆様こんにちは。

10月レッスンが終わって片付けを全て終わらせたその足で相当慌ただしく飛んで来ました、秋のパリ。

到着した今日は雨がちらつく曇り空。気温はマイルドで過ごしやすく何より。

これからしばらくここに滞在して勉強の日々を送ります。

 

 

街のパティスリーやブーランジェリーには栗やりんごを使った秋色のガトーが並び、

早速お目当ての店を走り回り色々購入ーーー

 

 

今回の滞在中、製菓研修はもちろんのこと、フランスワインや狩猟が解禁になったばかりのジビエの研修もあり、フランスの食の知識を多岐にわたり大いに学んで帰る予定です。

明日から予定が相当立て込んでいますが、バンクーバーの家族たちへの日々の報告も兼ねて少しでもここで綴っていきたいと思います。どれだけ時間が取れるかな〜

フランス菓子・パン・おもてなし料理のトータルクッキングスタジオReikocakes

 

 

 

 

 

 

無事戻りました!

Posted by on May 3, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

皆様こんにちは。

春の雨に迎えられて先程バンクーバーに戻りました。

パリ滞在中色々な方々よりご連絡を頂き本当にありがたかったです。

心からお礼申し上げます。

 

今回の勉強を糧に今後より良いレッスンをお届けするためますます精進していきます。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

2週間ぶりに我が家に戻ってみたらイースター前に製作したイースターチョコレートが全て無くなっていてびっくり!

ええっっ、あんなにたくさん作ったの、息子二人で私の留守中に全部食べちゃったなんて。。。おっそろしや

 

家の前の八重桜は予想通り満開を過ぎて散り桜、我が家のバラは見ない間に随分と育っていました♪ これからの成長が本当に楽しみ。相当数のアブラムシちゃんとの戦いは始まっておりますが。。。

明日は7月のレッスンのご案内開始日になります。こちらもどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

思い出いっぱい

Posted by on May 2, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

 

パリ滞在最終日を迎えました。

朝から青空が広がっています。清々しい気持ちで滞在を終わらせることができそうですーーー

 

Herman Schmerman by William Forsythe

Posted by on May 1, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

皆様こんにちは。

今日から5月!この間までだんだん春!と言っていたのが今度は少しづつ暦は夏に向かって来ましたよー

息子のバレエ稽古の事でパリへ発つ直前にダンススクールから連絡があり、今後どれだけ本腰を入れてやるのかどうかに関わる事で、只今ちょっと岐路にあるような。。。息子がバレエを始めるきっかけを作ったのは私かなと思うと責任も感じてこれからどうすべきか少し悩んでいる今日この頃ですがーーー

 

今回もパリ・オペラ座へバレエ鑑賞に行って来ました。

 

いつ訪れても何度見てもその魅力が褪せることはない、シャガールの天井画。

 

厳かな教会、そしてアーティチョーク

Posted by on Apr 30, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

 

昨日の土曜日も暖かい1日になりーーー

 

講習に出掛ける前に朝教会に出向きました。

道すがら、朝からカフェが好きなパリの人々。

 

花とショコラと春の街角

Posted by on Apr 27, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

皆様こんにちは。

相変わらず忙しい毎日を送っています。。。製菓勉強を終えて今日帰宅したのは夜8時を回ってからになり、夕食を終えて今11時を過ぎたところ。

 

昨日からスペイン人の友人が合流。National Giographic とコントラクトを結んでいる写真家である彼女の自由で生命力溢れる生き方にはいつも本当にインスピレーションをもらいます。世界の様々な地域で動物たちの姿を追い続ける彼女は大変心の温かく素敵な女性。今回はお互いの多忙なスケジュールを合わせてパリで合流することが出来てとても幸運でした。

今度彼女のマヨルカの別荘に家族で遊びにきたら?とお誘いを頂き、来年再来年あたりに遊びに行けたらいいなと只今オットに交渉中。今週末までの限られた時間ではありますが、友人との再会を思う存分楽しみたいと思います。

 

今日の街の景色から。

いつものお気に入りカフェにはお日様の光の下くつろぐ人々の姿。朝晩はまだ冷んやりしますが本当にいい季節になってきました。

バンクーバーも私がこちらへ出発する前にもう春満開だったけど、我が家の前の八重桜並木は今頃もう咲き終わったかしら。

 

 

日曜日のアンティーク市場

Posted by on Apr 23, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

休息日の日曜日。街も静かな朝を迎えました。

昨晩はあまりの疲れで寝つきは良かったのですが、午前零時を過ぎた頃にパッチリ目を覚ましそこから明け方5時まで眠れず。相変わらず時差ボケに悩まされています。。。

とはいえ今日は特に予定もなくリラックスする予定だったので焦ることもなく、まずは朝9時ごろ近所のブーランジェリーに朝食のパンを買いに。

朝日を背に滞在先の向かい側にある教会。

IMG_4834

今日もいいお天気です。

 

 

パリ滞在3日目、、、少々疲れ気味ですが元気です

Posted by on Apr 22, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

皆様こんにちは。

毎日が目まぐるしくパリ滞在3日目にして既に疲れが溜まってきたかな?と思う今日この頃ですが元気にやっております。

バンクーバーに残してきた子供達の学校の諸事情があり、先生とパリーバンクーバー間でただいま連絡のやり取り中。こちらでの自分の毎日と向こうの子供達の事でなかなか気が休まる時がありません。加えて時差ボケで夜はシャッキリ、日中は意識がドロンとしてしまうので毎日いささか悪戦苦闘しております。

 

昨日の晩は友人が予約しておいてくれたレストランで夕食の約束があり、Champs-Élysées通りにあるそのレストランに向かってその大通りを歩いていきます。

前を向けば凱旋門。

Image-1

 

後ろを振り返ればコンコルド広場。

Image-1

 

パリのシンボル的存在のその大通りは夕日を受けて、人々で賑わっていました。

Image-1

 

快晴のパリです

Posted by on Apr 20, 2017 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

フランス時間の今朝到着しました。

IMG_4537

アートな街とセーヌ川、そして粋な人々が街を思い思いに行き交うこの風景にまた戻ってきました。

 

バンクーバーに戻りました!

Posted by on Oct 20, 2016 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

皆様こんにちは。

昨日パリから戻りました。まずは家族にどうもありがとうという気持ちでいっぱいです。

この2週間が何だか現実ではなかったかのようにさえ思えてくるほど遠い海の彼方へ、パリはまた遠ざかって行きました。

今回は今までに増して素晴らしい滞在となりました。製菓や料理の沢山の事を学ばせて頂いたのはもちろんのこと、気の合う友人達との再会や一期一会の出会いの数々。毎日がビビッドで有意義で本当にあっという間でした。

この経験を糧に、来週から再開する教室で皆様に出来る限りいいレッスンをお届け出来るよう、今日からまた気持ちを新たに日々精一杯精進していこうと思っています。

また皆様と教室で密度の濃い時間が過ごせるのが待ち遠しくとてもワクワクしています♪

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 

一生懸命頑張った最高のご褒美は素敵な人々との出会い。また次回会う日まで!

 

バタバタしてます

Posted by on Oct 17, 2016 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

皆様こんにちは。

アパルトマンを借りていて自分の空間があっても、自分の家でないとあまりリラックスできず、なんかやっぱり疲れたな〜。という感じの今日この頃です。

今日はReikocakes料理部門担当シェフに是非行ってきて欲しいと頼まれていたレストランに一人でランチへ。オールローカル客で満席のレストランの中私だけ一人外人。というシチュエーションでちょっぴり緊張でしたが素晴らしい感激のレストランでした。それからバタバタとあちこちで教室関係の買い物。

今日も昼間は気温が上がり上着はいらないぐらいの陽気でした。

image

 

今まで何度となく通って見てきた景色ですがいつ見ても天気によって違う表情を見せてくれるセーヌ川。対岸に見えるのはオルセー美術館と遠く向こうにエッフェル塔。

image

 

そういえば前にマルシェで買った栗!滞在先でオーブンでローストして食べました〜

あまりの実の太り具合に感激。とっても甘くて新鮮でした。

image

 

今回の一大イベントである超有名パティシエの講習会を明日に控え、今晩は緊張してなかなか眠れなさそうな予感、、、。

というわけで今日は早めに切り上げます。。。

 

 

日曜のお昼は秋味いっぱいのメニューで

Posted by on Oct 16, 2016 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

最高気温21度、ポカポカ日曜日の本日、パリのパティシエ業界でもう10年近く仕事をしている知人が、よく足を運ぶというビストロにランチへ連れて行ってくれました。

Marais地区の大通りから一本入って少し静かな通り。

image

 

落ち着いた雰囲気でかつカジュアル、肩肘張らずに美味しいお料理を楽しめてサービスもとてもフレンドリーなビストロです。

image

 

季節の旬の素材をめいっぱい楽しもうとする姿勢のここフランスは、その点四季を料理や和菓子の上で愛でる日本との共通点を感じます。今の季節多くのレストランに行って目にする素材はGirolleや Cepといった野生のきのこ類や野禽類のジビエ、そしてもちろん私の大好物イチジクです♪  今日伺ったビストロもそれに違わずメニューには季節ものの品々がずらりと並びます。私はアントレとして迷わず秋の素材、栗のスープを、そしてメインはこれからがまさに最盛期のジビエの一つ、イノシシの煮込みをチョイス。半年ぶりに会う知人とはパリのパティシエ業界の話題に始まりお互いのプライベートの話まで、随分と話し込んでしまいました。

 

そうこうしているうちに私と友人のお料理が運ばれてきましたーーー

Velouté de châtaignes à la chartreuse et cardamon  jaune

栗のヴェルーテ、カルダモン風味

image

 

Poêlée de girolles, ail et Persil et œuf poché

ジロール茸のポワレ、ニンニクとパセリ風味、ポーチドエッグ

image

 

Civet de sanglier pommes fondantes en cocotte

イノシシの煮込み、フォンダンポテト

image

 

Saint Pierre sauce vierge et flan de carottes aux épices

マトウダイ、ヴィエルジェソース、スパイスの効いた人参のフラン

image

 

Tartelette aux figues, glace à la mûre

イチジクのタルトレット、ブラックベリーのアイスクリーム

image

 

季節感溢れるメニューと素材を活かし重くない調理法で仕上げたお料理の数々、最後は秋のデザートとコーヒーで締めくくり。

 

さてバンクーバーに戻る日もだんだんと近づいてきました。10月のレッスンすでに始まっておりますが、当教室でもただいま秋味タルトをご紹介しています。月末のハロウィンを控えてここでも活躍しそうなかぼちゃを使った一品を秋らしくきのこクッキーで飾るーーーというレッスンで、皆様とのお菓子作り再開をとても楽しみにしています。これから10月レッスンにご参加の皆様どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

ワインとチーズを気軽なワインビストロで

Posted by on Oct 15, 2016 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

皆様こんにちは。

ここのところ製菓講習のあまりの忙しさでブログが更新できずにいました。

土曜日の今日は、大変暖かくいいお天気。疲れた身体を癒すべく、朝はいつまでもベッドで過ごし、午後は買い物に出かけました。

image

 

さて、先日講習の帰りに友人と待ち合わせ、友人が気に入っているというワインビストロ、Pain,Vin, Fromages に連れて行ってもらいました。

場所はポンピドゥーセンターから徒歩数分の所。

image

この辺りは普段自分ではあまり足を運ばない地区。相変わらずの賑わいです。兎にも角にも早く座って一杯飲みたくてお目当てのお店に直行。

昔ながらの雰囲気のこじんまりとした可愛いお店です。

image

 

メニューはワインとチーズフォンデュやラクレットなどのチーズ料理各種がメイン。

image

ワインの種類も豊富でお値段お手頃、ワインとチーズ好きにはたまりません。

私は久々にチーズフォンデュが食べたくて5〜6種類あるフォンデュの中から選び、その他赤ワイン1本とサラダを注文。

私達はお店に一番乗りでしたがみるみるうちにテーブルは埋まっていき、その間もお客様からの予約の電話がひっきりなしに鳴っています。

すごい速さで注文のお品々がテーブルに到着。

image

ついこの間旦那さんとフォンデュがいつでも食べられるように専用鍋を買おうかと相談してあれこれいろいろ見ていた矢先だったので、何だかなおさら美味しい!頼んだサラダのヴィネグレットとチーズ、ボルドーワインの相性も最高です。

お隣席のお客様達とも一緒にワイワイと会話が弾み大変楽しいひとときでした。ちなみに予約なしで次から次へと訪れるお客様達は皆本日満席とドアでお断りされていました。予約必須のお店です。

 

私は明日の朝も早いので名残惜しくさよならを言い合って帰宅の途に。

夜のパリはあちこちライトアップされて日中とは全く違う雰囲気。 その日はお天気も良かったので散歩がてらの帰宅道、人も大勢出歩いていました。

image

夜のノートルダム寺院。

image

image

 

私は来週の某有名パティシエによる講習を最後に今回のパリでの製菓勉強は終わりとなります。後は友人たちとの約束を残すばかり。最後まで充実したパリ滞在にしたいと思います。

image

 

Palais Garnier

Posted by on Oct 10, 2016 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

先日の日曜日はポカポカ暖かい1日となりました。

日曜のパリはお店もほとんど開いておらず街はのんびり。

私は午後パリオペラ座へ行く予定にしていたので午前中は滞在先でゆっくり過ごし、お昼頃家を出発。お天気が良いのでずいぶん手前のメトロで降りて散歩がてら歩いてオペラ座まで行くことにしました。

散歩途中、右手にTuileries公園、左手には高級ホテルの並ぶRivoli通り。

image

 

Vendome広場も通り過ぎて行きます。

image

 

今回観るバレエ公演は1875年に建築完成したPalais Garnierで。ここに最後に来たのは3年前バレエManonを鑑賞したときで、今回3年ぶりとなります。

この辺りはいつ来ても大変賑やか。観光バスも多く、沢山の人々の待ち合わせ場所にもなっています。少し早く着いたのでGarnierの脇にある1862年オープンのかの有名な歴史的カフェ、Café de la Paixのテーブルにつき、

image

image

Chocolat chaud、いわゆるホットチョコレートを注文。

image

フランスのホットチョコレートは濃厚でトロ〜っとしているのが特徴。

 

開場の時間が近づいてきたので早速Palais Garnierへ。

image

image

 

中へ入ればそこは豪華絢爛なオペラ座の世界。

image

image

カジュアルな人から着飾った人まで、皆思い思いに今日の公演を楽しみにしている様子。

私は普段ならまずは一杯飲むところですが今日は3年ぶりに見るMarc Chagallの天井画が早く見たくて、取り敢えずまずは席のある場内に入りました。

入って上を見るなりワッと迫ってくるようなシャガールの世界。

image

こんなにもsweet & dreamy な愛に満ち溢れた天井って他にあるんでしょうか。いつ来てもその美しさは増すばかり。思わず何度も何度も上を見上げてしまいます。

image

この会場、会場内通路にも補助席がついていて、皆が着席すると通路も席に。よって通路が完全に塞がってなくなってしまうというなんとも恐ろしい構造。初めて来た時はエッとビックリしました。。。開演途中立ち上がって退場、ということはまず無理。オセロみたいに場内通路までギッシリ人で埋まって通れないんです。

 

さて本題の演目ですが、今回はモダンバレエの小品集。かの有名なWilliam Forthythe をはじめ、Justin Peck, Tino Sehgal, カナダの振付家Crystal Pite、の4人の作品です。

image

どの作品も本当に素晴らしい公演でした。Forthythe氏の作品は使われたJames Blakeの音楽と相まって大変ドラマティック。Crystal Pite氏の作品は終わるや否やスタンディングオーベーションが鳴り止まないほど観客の皆様大フィーバー。ダンサー達のダンスが圧巻だったのは言うまでもありません。ちなみにPite氏、カナダはB.C.州出身で現在バンクーバー在住だそうです。そして公演最後の演目、Tino Sehgalの作品はなんとダンサーたちが観客席で踊るという演出。それにつられて最後には観客たちも皆で踊りだすという、大変な盛り上がりで公演は幕を閉じました。

image

 

日曜の休息日を終え、月曜日からまたキッチンでの日々が始まっています。

フランス語を今後もっともっと頑張ろう、と痛切に感じる毎日です。。。

 

 

Restaurant aux Prés

Posted by on Oct 8, 2016 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

今日は講習から帰宅したのが夜9時半。かなり疲れてます。。。

さて昨晩は1年半ぶりの再会になる友人と夕食に出掛けました。

約束の時間に当日間に合わないかもしれないと2週間ほど前にその友人から連絡を受け、それなら食事先をあまり遠いところにしないほうが無難と思い急遽行き先を変更することに。以前行ったことがあった、店の雰囲気がいかにもパリらしくて気軽に足を運べるRestaurant aux Présはどう?と提案したところ了承をもらったので、忙しい友人に代わってなぜか私がバンクーバーから国際電話で予約をすることになりました。

フランスでセレブリティーシェフの一人としてテレビにも引っ張りだこの Cyril Lignac氏。最近は私生活でゴシップ誌も賑わせている、そんな彼のお店とあり2週間前にバンクーバーから予約の電話を入れたところすでに満席。カウンター席ならいいですよとの回答だったので今回そちらへ案内してもらうことにしました。

 

午後8時過ぎにお店に到着、

image

店内はローカル客がひしめき合い既に大変活気付いています。

image

ここはサービスはどちらかと言えば無愛想。よってきめ細かいサービスやギャルソンの笑顔はあまり期待せずにローカルなパリの雰囲気を楽しむタイプのお店です。久々に会う友人とたくさんお喋りしたい、という今回のオケージョンにはカチコチに気取ったレストランよりお酒とお店の雰囲気を重視したいという気持ち、加えてここは立地もよくうってつけのお店。

Lignac氏はパリ15区に星つきレストランも持っていて、そこはお洒落して出掛けて行って洗練されたフレンチを食べる、という感じの一軒ですが少し対照的にここはフュージョンのエッセンスも取り入れたカジュアルなコンセプトのレストラン。食事は前菜、メイン、デザートをそれぞれ5,6種の中から選びます。

 

昨晩はこちらを頂きましたーー

 

Fois gras mi cuit, fin gelée de figues, poivres sauvage

Preserved fois gras, Figs jelly, Wild pepper

image

イチジクとフォアグラの王道の組み合わせ。イチジクのマリネが付け合わせの下に隠れています。

フォアグラは個人的に重すぎの印象があり普段あまり頼まないのですが、大好きなイチジクとの取り合わせに惹かれて注文。

 

メインはこちら。

Moules du Mt St Michel, bouillon thaïe, frites maison

Mont-Saint-Michel mussels, Thai stock, French fries

image

実はムール貝も普段全く頼まない一品なのですが、オットが仕事場の水曜のムール貝SPECIAL DAYでの人気メニューで相当量のムール貝をさばいているのもありここのはどんなお味かな?と彼に代わって参考に頼んでみたくなり。。。

 

そしてデザートはまたしてもイチジクを選ぶのです。

Figues rôties au miel, glace au vanille Spéculoos

Roasted figs, Speculos and vanilla ice cream

image

昨日は朝マルシェでイチジクを購入して食べ、ディナーも前菜とデザートでイチジク。虜になる程美味しいフランスのイチジク。笑

 

食事の途中思いがけずLignac氏ご本人が姿を現し、過去にフランスの料理番組で何度もその姿を拝見していたので何だか芸能人に会った気分。

私達が食事を終える頃はレストラン入り口は空席を待つ人々で溢れ、お店の人気度を伺わせていました。

積もりに積もった1年半分の近況報告のお喋りと美味しいお酒とお料理、そして秋の夜のひとときを楽しむ大勢の人々に囲まれて、素敵な夜になりました。

image