Lesson Snapshots

ただいま開催中

Posted by on May 25, 2019 in Quoi de Neuf ?   | Leave a comment

 

 

ショコラ細工のハンドバックも作って

 

教室で皆様を楽しみにお待ちしております💎

ワークショップスケージュール

.

Lifestyle with Love & Gratitude 🎁 Reikocakes Cooking Studio

Tell me what you eat, and I will tell you who you are. — Jean Anthelme Brilliant-Savarin

.

.

.

.

 

Strawberry Baked Cheesecake Workshop 28th April 2019

Posted by on Apr 28, 2019 in Quoi de Neuf ?   | Leave a comment

 

 

 

イースターのためのデコレーションと思ってご紹介したショコラ細工のネストですが、意外と普段使いで使えそう。

今月はもちろんショコラ細工初挑戦の皆様ばかりでしたが、思いの外すんなりとネストを作ってくださいました。本日のワークショップではネストの中に春いっぱい敷き詰めて。

ところで今日はギリシャのイースターだとか。これはご参加くださった方から先ほど聞いたお話。彼女は今夜招待されているイースターパーティーにこのケーキを持っていくのだそう。

ヨーロピアンの飲み仲間たちとの飲み会は、もっと時間がある頃は我が家集合でよく開催していた私ですが、ギリシャの皆さん本当によく飲みよ〜く騒ぎ踊るからね〜二日酔いには要注意。私はといえば、これから打ち上げにカクテル飲みにいってきます🍸

今月のスナップショットは他にもまだまだこちらに掲載中。来月・再来月開催するマカロンワークショップの空席のお問い合わせはこちらからどうぞ。

ご参加くださいました皆様、本当にどうもありがとうございました。

 

 

Lifestyle with Love & Gratitude 🎁 Reikocakes Cooking Studio

Tell me what you eat, and I will tell you who you are. — Jean Anthelme Brilliant-Savarin

.

.

.

.

.

 

Easter Special ” Little Chef “

Posted by on Apr 24, 2019 in Quoi de Neuf ?   | Leave a comment

 

 

 

Children and Parents Baking Workshop

April 22nd 2019

.

Photographed by Kayoko T.

 

Photographed by Kasumi M.

.

.

.

.

子供達の可能性は無限大。

親子参加型ワークショップを開催するたび彼らの柔軟性ある感性と能力の高さに驚きと発見の連続です。

子供から大人まで、男の子も女の子も。みんな一緒に明るい笑顔と笑い溢れる美味しく幸せな時間を共有し、私にとって記念となる心温まるイースターになりました。

今回ご参加くださったお子様の一人Kasumiちゃんと、ママさんの一人Kayokoさんが撮影してくださった素敵なお写真も掲載させていただきました。

また次の機会に、背が伸びてちょっぴり大人っぽく成長したリトルシェフ達との再会を心から楽しみにしています。

ご参加くださいましたキッズとママさん皆様に心から感謝。

本当にどうもありがとうございました。

 

Lifestyle with Love & Gratitude 🎁 Reikocakes Cooking Studio

Tell me what you eat, and I will tell you who you are. — Jean Anthelme Brilliant-Savarin

.

.

.

.

.

Private Workshop ” Custom Made ” 16th April 2019

Posted by on Apr 16, 2019 in Quoi de Neuf ?   | Leave a comment

 

 

 

Lifestyle with Love & Gratitude 🎁 Reikocakes Cooking Studio

Tell me what you eat, and I will tell you who you are. — Jean Anthelme Brilliant-Savarin

.

.

.

.

 

Private Workshop ” Custom Made “

Posted by on Apr 4, 2019 in Quoi de Neuf ?   | Leave a comment

 

 

 

 

 

 

 

Lifestyle with Love & Gratitude 🎁 Reikocakes Cooking Studio

Tell me what you eat, and I will tell you who you are. — Jean Anthelme Brilliant-Savarin

 

 

 

 

 

 

February Workshop

Posted by on Feb 24, 2019 in Quoi de Neuf ?   | Leave a comment

 

 

皆様こんにちは。

本日2月のワークショップが全日程終了いたしました。

.

テーブルセンターピースはバレンタインデーにちなんでホワイトチョコレートで作った靴たち。

 

 

今月メインでご紹介していたアイテム、スターターを使って製作するパン・ド・カンパーニュ。

パンといえば、私が学生の頃は専攻の勉強より天然酵母作りに明け暮れる日々。日本でパン作りの仕事に携わった時にはなぜか私が早朝一番乗りで仕事場の出入り口の鍵を開ける役目になってそれはそれは朝早く、その上窯の持ち場では腕に火傷ばかりで大変な日々でしたが、毎朝パンが焼きあがる香りに大きな幸せを感じる毎日でした。

パンは生き物。何日もかけて育て上げるパン生地作り。そのプロセスの一行程一工程を丁寧に楽しむことこそ時間をかけたパン作りの成功の秘訣。

短時間で作り上げる既製品にはない味わい深いパンが出来上がります。

写真上は皆様の製作分。ビシッッッッッと焼きあがりました。

 

 

今月は皆様にサプライズで食後のミニャルディーズを。

蓋を開けたら蛙が飛び出すよ〜と言って驚かせておいて出てきたのはーーー

こちらでした。

 

皆様に召し上がっていただいたのはヴァローナ社のショコラを使って製作したガーリーなショコラとマカロン。

マカロンはかなりお気に入りのレシピ。今後ワークショップでご紹介しますのでどうぞお楽しみに。

2月のワークショップの様子は他にもこちらに数々のお写真を掲載しています。

 

今月ご参加くださいました皆様、寒い中教室へ足をお運びくださいまして本当にどうもありがとうございました。

4月ワークショップのご案内は明日明後日中に始まります。

What’s happier than sharing a heartfelt homemade meal with people whom you love ?

Lifestyle with Love & Gratitude 🎁 Reikocakes Cooking Studio 

 

 

 

 

 

 

Thank you so much for joining 🎁

Posted by on Dec 23, 2018 in Quoi de Neuf ?   | Leave a comment

 

 

 

.

2018 Christmas Workshop @ Reikocakes Cooking Studio

Gâteau au Chocolat de Noël

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

We wish you a Very Merry Christmas !

 

 

What’s happier than sharing a heartfelt homemade meal with people whom you love ?

Lifestyle with Love & Gratitude 🎁 Reikocakes Cooking Studio 

 

.

.

.

.

.

.

 

October Workshop ” Trick or Treat ? “

Posted by on Oct 22, 2018 in Quoi de Neuf ?   | Leave a comment

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日全日程が終了した10月のパン3種とパータ・タルティネのワークショップ。

足をお運びくださいました皆様、本当にどうもありがとうございました。

この一ヶ月間に何度もハロウィンを迎えたような私は既にもう月末の本番さえ終わったような気分になっております。

笑い溢れるハッピーな時間をこの場にご参加くださる皆様みんなで一緒に作っていくことがきたらいいなと思ってこのフェスティブな機会に意を決して一ヶ月バカしてきました。こんなバカにお付き合いくださった皆様、どうもありがとうございました。

 

では、皆様もハロウィン当日お楽しみください 💀今年は思い切って仮装してごらんなさいませ?思いの外病みつきになるかもよ〜

 

 

What’s happier than sharing a heartfelt homemade meal with people whom you love ?

Lifestyle with Love & Gratitude 🎁 Reikocakes Cooking Studio 

 

 

 

 

 

 

La la la… Cookie lesson 🐠 Now underway

Posted by on Aug 20, 2018 in Quoi de Neuf ?   | Leave a comment

 

 

こちらのレッスンただいま開催中🐬

レッスンで完成している小さな焼き菓子詰め合わせボックスたち↓

7種のアイテムの中には6月にパリで直伝!していただいてきたばかりの超・超大物パティシエ先生のとびきりのレシピ入りです✨

 

クッキーをはじめとする小さな焼き菓子たちを今回親子で参加できるレッスンで取り上げたからと言って、 “お子様向け” とはどうか捉えないで欲しいのです。前回の親子レッスンの手打ちパスタだってお子様向けとは全く言えないわけで。。。

幼少期から本物の味でーーーそんな食育をご提案できたらと思いながらいつも親子参加型レッスンのメニューを考えています。

作ればわかる、食べればわかる。大人が食べて心から美味しいと納得できるもの。たかがクッキーと馬鹿にできないのがお菓子作りの奥深いところだと思います。。。

クッキーボックスに愛をぎゅっと詰め込んで。ああ、やっぱり素朴なヨーロッパの焼き菓子が心から大好きだな〜

Lifestyle with Love & Gratitude 🎁 Reikocakes Cooking Studio

 

 

 

 

 

 

 

Lesson : Eat Green 🌿Live Serene

Posted by on Jul 29, 2018 in Quoi de Neuf ?   | Leave a comment

 

 

皆様こんにちは。

雲ひとつない快晴のお天気のなか、7月レッスンが本日終了いたしました。

レッスンリクエストをいただいていたタルト・サレを中心に、この季節のみ入手可能な繊細な有機野菜を使った軽やかなコースに仕立ててのご紹介。

 

 

 

 

今回のお料理とともにペアリングしたのはフランスのボルドー地方からワイナリーオーナーがバンクーバーにいらした去年の冬に彼らから購入したワインーーー

まだバンクーバー未入荷の一本だったためカナダに入るまで関税など4ヶ月間以上かかり、待てども待てどもやってこない。。。何度も何度も問い合わせて4月末にやっと手元に届いたワイン。

その軽やかさとフルーティーな香り、絶妙な強さでシュワっと弾けるバブルはここのところの夏の太陽が輝くお天気とも、今回のお料理とも相性が良くその上なんて美しい色。ガーリーな気分にさせてくれる一本で気に入っています。

通常は冷やしていただくこのワインですが、実はこれ、室温でも美味しいんです。良質なワインのその香りがさらに芳香に広がってまた違った美味しさ。

 

 

旬の有機野菜を使った前菜ーーー

 

最高に美味しい有機野菜は、今回のレッスンで大好評をいただいた特製ヴィネグレットで。

そのオレンジとレモングラスの風味がこの一皿に使用した様々な素材全てを繋げてくれます。

 

 

タルト・サレリピートレッスンのご要望を頂いて開催した今回のレッスン、過去のレッスンでご紹介した2種のタルト・サレとは今回生地もフィリングも全く別の一品で、お野菜とフレッシュハーブを使った軽〜く爽やかな一台です。

 

皆様が製作したお持ち帰り用のタルト・サレも続々と焼き上がりました。

 

 

焼きたてのタルト・サレは旬の有機野菜と一緒にサービングします。

 

 

コース締めくりのデザートはローカルいちごのソルベ、ベルガモットの香り。

ローカルいちごの濃厚な風味にベルガモットを合わせることで、この時期だけ味わえる地物の芳香な香りにさらなるダイメンションを加えました。

 

太陽の光を浴びたエネルギーいっぱいのお野菜をふんだんにを使ったコース料理のレッスン、皆様に少しでもお役に立つ内容であったこと祈っています。

8月レッスンももうすぐ始まります、こちらも皆様のお越しを楽しみにお待ちしております。

ご参加くださいました皆様本当にどうもありがとうございました。

 

Lifestyle with Love & Gratitude 🎁 Reikocakes Cooking Studio 

.

.

.

.

.

Lesson : Cheesecake Fruité

Posted by on Jun 10, 2018 in Quoi de Neuf ?   | Leave a comment

 

 

皆様こんにちは。

6月レッスンが本日全日程終了しました。

レッスンにご参加くださいました皆様、ご参加本当にどうもありがとうございました。

 

 

 

 

年を追うごとに進化してきた私のチーズケーキレシピですがーーー

 

 

 

今回ご紹介したこのレシピが今の所心から気に入っているレシピです。

各々のパーツとそれらのバランス、レッスンで説明した通りですので何種かのアセンブリー法をご紹介した中で、これならできるかなと思う方法でまずはトライしてみてください。

皆様が今後日常の様々なシーンで真心込めて作るチーズケーキ・フリュイテが多くの人々を笑顔にする一品となりますように。

 

Lifestyle with Love & Gratitude 🎁Reikocakes Cooking Studio

.

.

.

.

.

 

Private Lesson

Posted by on Jun 1, 2018 in Quoi de Neuf ?   | Leave a comment

 

 

昨晩シアトルからご参加者の方がバンクーバー入りし、本日プライベートレッスンを履修してくださいました。

今回のプライベートレッスンではどんな方とお知り合いになれるのかしら?とお目にかかるのを大変楽しみにしておりました。

5歳と1歳半のお子様のママさんである彼女は、この旅が随分長年ぶりのひとり旅のせいか、昨日の晩はご滞在先の宿で全然眠れなかったそうです。

レッスン中はお菓子作りのことはもちろんのこと、毎日のご生活のこと、大好きなワインのこと、楽しいご主人様のこと、などなど初めてお目にかかるとは思えないほど盛りだくさんなお話を一緒にさせていただいて、大変楽しかったです。

本日のショートケーキ、ジェノワーズ作りもナッペも大変上出来でしたね。そしてガトー・モンブランに大変な幸福感を感じてくださって私も嬉しいです。

ご自分の力で完成させた美しいケーキ達を目の前にした心から嬉しそうな笑顔を拝見することができたのが、私にとって何より嬉しい、そして安堵のひとときでした。これから今晩ケーキ2種をお召し上がりになるファミリーの皆様のご感想も大変聞きたいところ♪

今度はお料理好きのご主人様とおもてなし料理のレッスンにもご出席したいとおっしゃっていただき、その機会が訪れるまではとりあえずお一人旅で、、、是非是非また近い将来レッスンでお目にかかるのを楽しみにしております。

ご無事にお家に着いたらまたご連絡くださいな。

今日も素敵な出会いあり。ご主人様の温かいご協力のもと、アメリカからはるばるレッスンへお越し下さいまして本当にどうもありがとうございました。

 

Lifestyle with Love & Gratitude 🎁 Reikocakes Cooking Studio

.

.

.

.

.

 

やっぱり手焼きだね

Posted by on May 20, 2018 in Quoi de Neuf ?   | Leave a comment

 

 

たかがパン、されどパン。

私は手焼き推進派ーーー

 

 

パン生地と対話しながら作るパン。

パン作りって本当に奥深い、だから面白い。

レッスンを通してそんなことを感じていたこの1ヶ月間でした。

 

来週から6月レッスン始まります。

Lifestyle with Love & Gratitude🎁 Reikocakes Cooking Studio

.

.

.

.

 

Lesson : Inviting Spring with Your Pastry — Earl Grey Tart

Posted by on Mar 19, 2018 in Quoi de Neuf ?   | Leave a comment

 

 

皆様こんにちは。

3月ってなんだかやたらに忙しい。気づかぬうちに月半ばを過ぎ、比較的穏やかなお天気が続いています。いかがお過ごしでしょうか。

 

Reikocakes では 春をテーマにしたレッスンが連日開催されていました。

今月のレッスンが始まる前に製作したのは復活祭にちなんだ白やピンクのショコラ細工たち。

 

 

テーブルのセンターピースとしてアレンジし、皆様を教室にお迎えします。

 

 

 

 

レッスンは ”菓子で春を呼ぶ” と題して、アールグレイのクレムーのタルトをホールとプチガトーの2バージョンでのご紹介です。

アールグレイと一言で言えどもその茶葉の品質の良し悪しはもちろん、香りもひとつひとつ違う中、様々な茶葉で試作を重ねてきました。今回使用したのはフローラルな香りが特徴のアールグレイで、後味も柔らかく品の良さを感じるお味で個人的に気に入っている茶葉です。特級品。

タルト製作とともにマカロン製作も盛り込まれた今回のレッスンでは、そんな茶葉を贅沢に使用した最高に美味しいガナッシュが自慢✨のデコレーション用マカロンをレッスンの中で皆で一つ一つ完成させました。

 

 

小さな小さなショコラ細工たちは全て手作業で製作したもの。これらはデコレーションに使います。

 

 

 

そして美しい色彩の蝶々たち。こちらは自作ではないのですがエディブルのものを準備しました。

 

 

外はまだまだ肌寒いですが、お菓子たちが完成した教室に一足お先に春がやってきてーーー

 

ピンクやターコイズブルーの蝶々が舞うタルトに、

 

デイジーの花々が咲き、その上にはてんとう虫、のプチガトー。

 

お口の中でアールグレイの花のような香りが後から追いかけてくるようにふわっと広がり、お茶のお味が繊細なだけにそれを引き立てるため控えめな甘さで仕上げてあります。

サクッと香ばしいサブレ・ノワゼットとクレムーのクリーミーさがたまらない。手作りのタルトのそのフレッシュ感は購入品では味わえない醍醐味です。

 

新しい生命の息吹に溢れ、いのちの祝福のエネルギーに満ちた春が四季の中で一番好き。

この季節の訪れを手作りのお菓子で表し愛でる、春感と美味しさいっぱいのレッスンとなりました。

 

 

 

復活祭のお祝いに、早速作ってみてくださいな。

レッスンにご参加くださいました皆様、教室へ足をお運びくださいましてどうもありがとうございました。

Love & Gratitude 🎁 Reikocakes French Pastry and Cooking Studio

 

 

 

 

 

 

 

Lesson : Be My Valentine ? —— Mon Chéri Chocolat

Posted by on Feb 18, 2018 in Quoi de Neuf ?   | Leave a comment

 

 

 

皆様こんにちは。

快晴の日曜日の今日はなんて寒〜い!

青空を背に山々がくっきりと浮かび上がり、日暮れ前のほんのひと時だけピンク色に染まります。

 

 

 

本日は2月のレッスン最終日でした。カナディアンの方々を中心に日本人の方々もお見えになって、文化比較など話題も多岐にわたり、お菓子作り以外の意見交換にも大変充実したひと時を過ごさせていただきました。

今月のレッスンはバレンタインデーをテーマに、レッスンに先駆け準備したのはショコラ細工のウエスタンブーツ。

こちらからーーー

 

これが完成。

 

ショコラ細工はバレンタイン仕様にテーブルにアレンジして皆様をお迎えしました。

 

 

 

 

レッスンでご紹介したMon Chéri Chocolat はとても贅沢な素材使いのお菓子。

私のスペシャルなブランデーを効かせ、ビターで濃厚かつフルーティーに、女性的な大人味に仕上げることを目指しました。

手作りのチョコレートリップスやスパイシーな唇をデコレーションに使いーーー

 

ビビッドに仕上げました。

 

 

 

ある日のレッスンから。

レッスンで完成した皆様の作品たちが漆黒の艶で輝きましたーーー

 

 

ふとこのお菓子を思い出しては夜中に無性に食べたくなる、危険な一品。食べる前に必ず室温に戻して風味とその柔らかな食感を最大限に引き出し、とびきりのコニャックと一緒にーーーこの組み合わせが最高に好き!皆様も是非お試しあれ。

 

今月のレッスンにご参加くださいました皆様、本当にどうもありがとうございました。

Love & Gratitude 🎁 Reikocakes French Pastry and Cooking Studio

.

.

.

.

.

.

 

Lesson : Lunch with the Girls — Petit Pains de Seigle aux Canneberge

Posted by on Jan 21, 2018 in Quoi de Neuf ?   | Leave a comment

 

 

皆様こんにちは。

時々青空が覗いたかと思ったら雨が降ったり。1月のレッスンが昨日終了し、今日はのんびりした日曜日となりました。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

我が家の最近の嬉しいニュース。

ここのところ頻繁にハミングバードが来ています♪♪

今日は誰もいない我が家で私一人仕事をしていたのですが、ジジッという鳴き声が聞こえたのでガラス越しに外へ目を向けてみれば、グリーンメタリックに輝く一羽がお出まし😍

ただいま満開中のクリスマスローズの蜜をあの細長〜い口ばしで吸いながら静止飛び。そのえも言われぬキュートな美しさに私は息を潜めて観察しておりました。

今日は随分と長い間我が家に滞在。大変用心深く相当素早いので写真撮影には未だ成功しておりません

他の鳥たちとは違うちょっと不思議な存在感のハミングバードの虜になっている私はあと数ヶ月したら彼らの好きな花々を購入して我が家を彼らの園にする予定✨ 去年のうちに予約購入した新入りの薔薇姫が春にアメリカから届くので、今年はますます花々が増えて忙しくなりそうな、嬉しい予感です。

 

 

 

さて、Reikocakes1月の教室全日程が無事終了しました。

2018年最初のレッスン、気持ちもあらたに皆様を教室にお迎えしたいという思いで、浄化、新生の意味のあるユーカリをアレンジしました。

 

 

清涼感のある清々しい香りが広がります。

 

 

今月は”手作りパンのある暮らし”レッスン。ご紹介していたのは私が大好きなライ麦を使ったパン。漬け込みを経てジューシーさと香りを増したクランベリーと品のある香ばしさののピスタチオを加えました。

 

今回のパンに入れるフィリングについてレッスン中ご質問をいただいたのですが、フィリングを選ぶ際私が気をつけていることは、フィリングが生地に対して主張をしすぎないということ。食べた時の主役はあくまでもパン自体の美味しさであり、よって味や香りの主張の強いフィリングや、要素の違う色々な素材をあれこれ入れて複雑化しない、というのが私流のルールです。これは去年の11月のレッスンでご紹介したクグロフについても同様です。

 

配合がシンプルなハード系のパンはまず生地の旨味を引き出した生地作りをすることが大変重要な点になります。それに加えて焼成の際しっかりとクープが開き、パリッとしたクラストに焼き上げることがハード系特有の美味しさに仕上げる鍵となります。

生地の旨味をしっかりと引き出した製法で、それをパリッと焼き上げた素朴な美味しさのパン。焼きたてを頬張るその瞬間ーーーこれは自分で作らないと知ることのない、そして味わえないこと。

レッスンにご参加の皆様なら既にご存知のことですが、これが大層病みつきになります。

朝が早くで体力的にもかなり辛いパン作りの仕事、これをかつてしていた頃の私の原動力となっていたのは、”パン達をオーブンから出す瞬間の喜び、焼きたてのパンの香りに包まれ、そしてそれらを味わえること” 以外のなにものでもありませんでした。

 

 

熱々のパンに美味しいバターを溶かして淹れたてのコーヒーと一緒にブレックファーストに。若草の香りのエクストラバージンオリーブオイルをパンに浸しながら白ワイン片手にチーズプレートとともに夕暮れ時に。

レッスンでは焼きたてのこのパンと一緒にフランス料理の調理法を使ったムースや地中海の素材をふんだんに使ったお惣菜を、セレクトしたワインをペアリングしてご紹介しました。

 

 

2018年は幕を開けたばかり。素敵な皆様のお顔を今年初めのレッスンで拝見することができて本当に何よりでした。

これからもますます美味しい喜びを皆様と共有していきたいと願っています。レッスンにご参加くださいました皆様、本当にどうもありがとうございました。

 

Love & Gratitude 🎁 Reikocakes French Pastry and Cooking Studio

 

 

 

 

 

 

Lesson: Bûche de Noël

Posted by on Dec 19, 2017 in Quoi de Neuf ?   | Leave a comment

 

 

皆様こんにちは。

あと2週間で新年だなんて。羽が風に吹かれてふわりふわりと飛んでいくかの如く、今年が静かに穏やかに過ぎ去っていこうとしています。

本日は雪が舞うバンクーバー、先程降り始めたばかりなのにみるみるうちに辺りは白銀の世界に変わっていきます。これから随分積もりそうな予感。。。

いかがお過ごしでしょうか。

 

 

 

 

 

さて Reikocakes 2017年クリスマスレッスン。

このレッスンに先駆けて皆様を教室にお迎えするために準備したのはマカロンのクリスマスツリー。

 

 

今年最後のレッスンが少しでも皆様の心に残るものになればと連日レッスンを開催してまいりましたーーー

 

 

 

今月のレッスンのテーマ を “Just a Few Steps for a Heavenly and Elegant Christmas Cake ” としてご紹介していたのは聖夜のスペシャリテ Bûche de Noël 。

ご自宅で確実に再現していただけるものであり、かつクリスマスにふさわしい美味しさのお菓子をご紹介するために配合やパーツコンビネーションに始まり様々な試行錯誤を重ねました。

比較的シンプルな構成の中にも一つ一つのパーツの高いクオリティーを生かしてとびきりな美味しさを目指したこのお菓子、私自身にとっても大切な一品として完成しました。

 

 

 

レッスンで皆様が心を込めて作ったBûche de Noël 達は美しい輝きを放って仕上がりーーー

 

クリスマスディナーの締めくくりに、愛する家族や友人達を手作りの作品で幸せな笑顔にできたらいい。このお菓子で皆様のクリスマスが一層スペシャルなひと時となりますように✨

 

ご参加くださいました皆様、ご多忙な年末のこの時期教室へ足を運んでくださいまして本当にどうもありがとうございました。

来年もますます美味しいひと時をお届けできるよう、日々精進してまいります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Love & Gratitude 🎁  Reikocakes  French Pastry & Cooking Studio

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LESSON : Kouglof Salé — My Favourite Wine Party Items

Posted by on Nov 25, 2017 in Quoi de Neuf ?   | Leave a comment

 

 

皆様こんにちは。

いよいよ今年もあと一ヶ月ばかりを残すところとなりました。

実感が湧かないというのが正直な気持ちですが、、、

皆様もこれから年末に向けてイベント事も増えてくる時期、空はグレーの雲に覆われていても気持ちは快晴!こんな季節だからこそ手作りすることにさらなる愛と時間をかけてーーー楽しい仲間たちと一緒に集い、美味しさ溢れる楽しい日々を過ごしていきたいものです。

 

 

さて、本日 Reikocakes では11月 ”手作りパンのある暮らし” レッスン最終日でした。

今月のレッスンは ”年末のワイン会何準備する?” と題して、『ちょっとワイン飲みに来ない?』と気軽にお客様を招いた際の食のご提案をしておりました。

 

 

 

レッスンの主役はクグロフ・サレ。

クグロフはフランスのアルザス地方だけではなく、ドイツ、オーストリアでも昔から作られている発酵生地を使った伝統菓子。フランスではクリスマスに特別に準備して食べるというお菓子ではありません、年中売られています。

アルザス地方シュトラスブールはドイツの雰囲気漂う大好きな街。あちらでは大概はアーモンドとレーズンが入っている甘系クグロフが店頭に並んでいました。ーーーが、クグロフと言えば断然サレ(惣菜系)派の私。

今回は個人的に最もお勧めするフィリングを入れて、焼きあがって2日経っても3日経ってもしっとりふわふわ、絶対にパサつかない。そしてこの風味と香り。

普通のクグロフじゃあ物足りない、それなら是非これ作ってみてーーー選んだ材料、この配合、この製作法によって生みだされる、最強クグロフです。

 

 

 

これとともにぜひ一緒に召し上がって頂きたいフレンチ・デリ2品 & 追加もう1品、そしてお料理と合わせてセレクトしたワインと共に。

 

これから年末に向けてお客様をお招きする機会も増えることかと思いますが、フェステブなおもてなしに時間をかけてまごころ込めて作ったクグロフ・サレにゴールドのリボンをかけてテーブルの主役に。

お客様の美味しい笑顔が頑張った自分への最高のご褒美ですーーー

 

レッスンが少しでも皆様のお料理生活のヒントになったのであれば、と願っています。

 

来週末からいよいよ、今年最後のレッスンである12月のBûche de Noël のレッスンが始まります。こちらは手順はなるべく複雑化せず、それでいてエレガントで美しく最高の美味しさを目指したお菓子✨

皆様のお越しを楽しみにお待ちしております。

 

今月のレッスンにご参加くださいました皆様、どうもありがとうございました。

Love & Gratitude  フランス菓子・パン・おもてなし料理のトータルクッキングスタジオ Reikocakes

 

 

 

 

 

Lesson : Cannelés de Bordeaux, Cake Citron Gingembre

Posted by on Oct 21, 2017 in Quoi de Neuf ?   | Leave a comment

 

 

10月のレッスン最終日を迎えた本日。

 

 

 

 

 

レッスンでご紹介していたのは、フランスの焼き菓子たち。

” Cake Traditional & Cake Modern ” と題して、古くから形態を変えずに現在まで至っているお菓子として”カヌレ”、 そしてそれとは対照的に使う材料や行程が進化し、現代人の味覚に合った新しいインタープリテーションが加わったカトルカール( quatre-quare =pound cake )の進化系、”ケイク・シトロン・ジャンジャンブル” のご紹介です。

 

 

ご紹介したカヌレのレシピと製作ポイントは、私が長きに渡り積み重ね出来上がった思い入れのあるものです。

 

レッスン中焼きあがってきたカヌレたちーーー

 

このお菓子、一見地味ですが焼き上がりは最高に甘い匂いが立ち上り、飽きのこない風味と独特な食感は他のどのフランス菓子にもなかなか例えられるものがない印象があります。

何と言ってもこれは鮮度がいのち。まだ何とな〜く微妙に温かいものをガリガリッとかじるのが最高の美味しさと個人的には思っています。自分で作るからこそ味わえるのがこのフレッシュ感。

自分の手で丁寧に丁寧に焼いたカヌレは本当に愛おしい〜、皆様からのご自宅製作のご報告を心から楽しみにしています。

 

 

そしてケイク・シトロン・ジャンジャンブル。

焼きっぱなしとは一味もふた味も違い、味体験のさらなる奥深さを追求した、現代のフランスでの焼き菓子傾向を汲んだ一品。

今回のレッスンでも同様ですが、お菓子作りについて皆様から日頃より材料や手順の省略をしてもいいかといったご質問をいただくことがあります。それについてーーー

残念ながら、、、自己流に材料やレシピを省略して製作に取り組んでしまっては真に美味しいものは作れませんので悪しからず。指定材料をきちんと揃え、どこかで手順を省略できないかな云々といった雑念なしにまずはレシピに素直に向き合い、忠実に作ってみることによってそこから学ぶことは大きいと思っています。

10代の頃から厨房で修行を積み重ねてきたフランスのパティシエ達を巨匠と呼ぶのであれば、彼らが作る『フランス菓子』も同じこと。外からは窺い知れない地道な作業と手順を積み重ね、積み重ねておいしいお菓子が出来上がるというもの。入れても入れなくても結果は変わらないのではないかと思う材料が、あるいは省略してもいいのではないかという行程が、実は結果として完成した作品に現れるのが菓子だと思うのです。

 

 

ケイク・シトロンが焼きあがったらーーー

 

 

ここに様々なレイヤーを丁寧に織り重ねて完成します。

そして今回は我が家の子供達がクリスマス以上に楽しみにしているハロウィンにちなんでのプレゼンテーションです。

 

 

 

皆様にとって今回のレッスンが学び多きレッスンであったことを願っています。

いよいよ我が家の男どもが一年のうちで一番楽しみにしている行事であるハロウィンがやってきます。ここカナダではハロウィンは子供達中心のイベントではなくて大人もこの日は仮装して集合、大騒ぎのパーティーです。

 

これからReikocakesでは11月、12月レッスンで年を締めくくるにふさわしいフェスティブなメニューをご紹介していきます。ワインに合うお惣菜系と、ちょっと大人のガトーで2017年の終盤皆様と共に大いに盛り上がっていきたいと思っています。

レッスンにご参加くださいました皆様、本当にどうもありがとうございました。

フランス菓子・パン・おもてなし料理のトータルクッキングスタジオ Reikocakes

 

 

 

 

 

Private Lesson

Posted by on Oct 9, 2017 in Quoi de Neuf ?   | Leave a comment

 

 

皆様こんにちは。

秋晴れの感謝祭の週末を迎えました。

 

 

連休初日の土曜日に開催されたプライベートレッスン。前回同様ご参加者の方がシアトルからお越しくださいました。

レッスンでご紹介したのはスターターを使ったパン作りでイングリッシュマフィン。

ご自宅でのパン作りがいまいち思うようにいかないとのことで、そんなお悩みを受けてのこちらのご紹介。

基本のパン作りとは言っても、イーストだけで仕上げるパンの味気なさを打開するプラスαのパン生地づくりと発酵、焼き上げまでのいろはをご紹介しました。

 

そしてショコラを使ったしっと〜りガトー、モワルー・ショコラ・フランボワーズ。

こちらはかれこれ3年以上前にレッスンでご紹介したメニューです。

私事ながら先週末のお呼ばれにこちらを持参したところ作り方を教わりたいというお声を多数いただきまして、来年のレッスンでもご紹介予定です。

 

 

ランチ休憩はアメリカ生活のあれこれや共通の友人たちの話題などおしゃべりしながらの楽しいひと時。

前菜には秋の果実たちを使ったサラダを。

ここ最近巨峰とそっくりなお味のぶどうが某オーガニック食材店に出回っていて、それが大変美味。それに加えて他2種のぶどうといちじくをイタリア産プロシュートやバッファローモッツァレラ、ピカンナッツのキャラメリゼなどと組み合わせたサラダです。

 

メインディッシュには、料理担当講師にヘルプを頼んで ”かぼちゃのラヴィオリを作っておいてください” とお願いしておいたのでそちらを使った一品。

 

秋の野菜の代表格であるかぼちゃの甘みを生かしたこれをサーモンのポワレと合わせてブールモンテソースで仕上げました。

 

これに前日の晩焼き上げておいた自家製天然酵母と蜂蜜香るプチパン。

 

 

ご参加者の方から我が家の息子たちへといただいたのがこちら。

カフェの街シアトルならではのエスプレッソ味のポップコーンは初めて食べる味でとっても美味しかったです。

ところで前回頂いたお手製の味噌は料理担当講師も絶賛。彼の作るお料理の隠し味にも大活躍していますよ〜

 

今回もお帰り際ベビちゃん姫にお目にかかることもできて私は大満足。その小さな体を抱っこして、自分にもまだ赤ちゃんがいるような幻想に浸れてとっても癒された〜 うちのチビはもう赤ちゃんじゃなくなってきました。

お迎えにいらしたパパさんがまるでお人形さんのようにベビちゃんを軽々と抱き上げ、体をサーカスのようにぐるぐると回す姿が何とも微笑ましい、とっても素敵なファミリー。ママもパパもそれぞれお仕事も充実し、家族生活もお幸せそうなご様子、本当に何よりです。

頑張り屋のママさん、また息抜きがてら遊びにいらしてくださいね。

次回お目にかかる日を心から楽しみに。

レッスンへのご参加本当にどうもありがとうございました。

フランス菓子・パン・おもてなし料理のトータルクッキングスタジオ Reikocakes

 

 

 

 

 

 

 

Lesson : Tiramisu Fruits Rouge ” Lift me up!”

Posted by on Sep 25, 2017 in Quoi de Neuf ?   | Leave a comment

 

 

皆様こんにちは。

夏が終わりを告げて、いよいよ秋のハーベストシーズンを迎えようとしているバンクーバー。真っ青な空と眩しい太陽の夏から秋への心の切り替えがなかなかセンチメンタルなこの時期ではありますが、手作りの美味しさで秋から冬も笑顔と幸せをーーーで今月のレッスン。

 

 

 

 

今年の夏はお天気が良かったせいか、幸運にもまだ巷ではローカルベリー販売中。その地物の赤い果実をふんだんに使ったデザートと、フランス菓子作りの重要項目のひとつである pâte à bombe をテーマにしたレッスンです。

イタリアンデザートの代表格であるティラミス 語源は料理担当講師によるとイタリア語の” Tirami su ! ” 、つまり “Lift me up ! ” 。日本語で 言えば ” 私を引き上げて! ”。

ーーーということで今回ご紹介の一品はこちら。私をここから引き上げてくれないかしら、、、そこで溺れている女性はフルーティーなティラミスにびっくりの貴女かも。。。

 

 

 

 

皆様のテイクアウト用。

“足”デザインではありませんが、こちらもなかなかキュートに仕上がりました。

 

 

 

果物の美味しさを最大限に引き出す方法で調理した地物ベリーとイタリア産マスカルポーネの組みわせ。

ティラミスがカフェ味じゃなくてもいいじゃない?

もっと自由に、もっと軽やかに、もっともっと鮮やかな美味しさを目指した私が心からお勧めする一品です。

 

ご参加くださった皆様、ご自宅製作時のご質問等ございましたらお気軽にご連絡下さい。レッスンに足をお運びくださいましてどうもありがとうございました。

 

フランス菓子・パン・おもてなし料理のトータルクッキングスタジオ Reikocakes

 

 

 

 

 

 

 

Mangiare Italiano,子供達とBuon Appetito!

Posted by on Sep 9, 2017 in Quoi de Neuf ?   | Leave a comment

 

 

皆様こんにちは。

あの青空と太陽の光かがやく夏から、例年サクッと雨模様の秋へとバトンタッチしてしまうバンクーバー、昨日から引き続きグレーな空に覆われています。

レッスンのない週末を2ヶ月ぶりに迎えました。まだ家族が起き出さない6時前の薄暗いうちに丁寧にコーヒーを淹れて、今日の朝は久しぶりにゆっくりと腰を下ろして朝の一杯が飲めます。。。

 

さて、掲載が前後してしまいましたが親子お料理レッスン” Little Chef ” で製作したお料理たちを今日はちょっぴりご紹介したいと思います。

料理担当講師の希望で、彼が幼少時から食べ育ってきた彼の両親の故郷であるジェノバ風?シチリア風?それとも彼のおばあちゃんのオリジナル風?イタリア料理を是非子供達にご紹介したいということで今回のレッスンのメニューが決まりました。

レッスンでは子供達とママ、パパ達と一緒に和気あいあいとお料理を完成させましたーーー

 

小さい頃とっても偏食だった料理担当講師、食べるのはミラノ風カツレツと手打ちパスタぐらいだったそう。パスタは今回シンプルなパルミジャーノ風味で手打ち麺そのものの美味しさを味わって頂きました。

ミラノ風カツレツは日本のとんかつとちょっぴり共通点がありますが、レッスンでご紹介したこちらのレシピは日本のとんかつとは別の秘密があり、自画自賛でごめんなさいですが本当に美味しい!

 

そして手打ちパスタ。レッスン中、皆様から果たして我が家の食事にパスタの出番が多いのかというご質問をいただいたのですが、実は頻繁には食べません。なぜなら愛いっぱいの自家製手打ちパスタの美味しさが我が家では一番人気で、市販乾麺の人気がないから。。。

イタリア製の一袋$9ドルも$10ドルもする黄色のM社乾麺を買ってきても、家族の感想は、 ”う〜ん。。。やっぱり自家製の方が好き。” ええ〜っっ、そんなこと言うならチビちゃん毎回パスタ作りよろしくね〜

ーーーというわけで、我が家では自家製手打ち麺をオットが作る時間がある時だけ、あるいは下の息子に作る気がある時だけ(!)、パスタを食べる傾向になってしまっています。。。

 

今回のレッスンでは、パパがミラネーゼのAちゃんを除いては手打ちパスタを食べるのは初めてというお子様達ばかりでした。

いつもは箱の中、袋の中に入って売っているはずのパスタを自分達の手で完成させるその喜びと達成感。出来上がっていくパスタを目の前に、子供達がみるみるうちに笑顔になっていくのを見るのが毎回本当に嬉しかったです。

 

 

ご参加のお母様、お父様達もパスタマシーンを購入したいので購入時のアドバイスをくださいなどと嬉しいご質問もいただき、早速ご購入になったというお声も頂いております。 これからもパスタ教室開催しますよ〜

 

デザートはトロピカルなパンナコッタ。

とろけるような柔らかさとマダカスカルバニラ香るクリーミーさが自慢の一品。とってもお手軽にできるのも忙しいママに嬉しい♪

 

夢と希望いっぱいの子供達と一緒にお料理できる次の機会を楽しみに。なお今回のレッスンの様子はこちらに掲載しています。

来週からはこちらもイタリアンデザート、ティラミスのフルーティー版レッスンが始まります。9月16日(土)のレッスンは一席お席をご用意できますので参加ご希望の方はどうぞご連絡下さいませ。

 

それにしても先ほど夕暮れ時にいつもの調子で素足に夏靴を履いて買い物に出かけたら、足元に空気が冷たかった〜夕日を見に一家で浜辺まで歩いていくあの季節がまた来年まで遠ざかっていきます。

あっけないぐらいの夏の終わりにいささか寂しさも感じてしまいますが、これからが季節のシャントレル茸や松茸に栗、秋の美味しい食材とフルボディーの赤ワイン。

愛する仲間たちや家族とともに美味しいものをゆったり囲むにはもってこいの季節があっという間にそこまでやってきている気配です。

フランス菓子・パン・おもてなし料理のトータルクッキングスタジオ Reikocakes