Archive Apr 4, 2018

Bon Appétit! Lesson Participants’ Baking Scenes

Posted by on Apr 4, 2018 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

 

皆様こんにちは。

4月に入り、大好きな季節がようやく到来。なんだかいつまでも肌寒い日々ではありますが、ただいまあちこちで桜が満開中。

 

その淡く優しい華やかさで人々を惹きつける満開桜。まるで夢物語のような儚さで満開になったと思ったらたちまちのうちに散ってゆきます。

あまりに薄く柔らかな花びら、グラデーションピンクの無数の花が咲き誇るその木の下に佇み優雅な姿を見上げれば、大層夢心地な穏やかな気分になります。。。

 

 

さて、ご自宅でのクグロフ・サレ製作のご報告をいただいております。

小さな息子さんの子育てでお忙しいなかお写真を送ってくださったのはRさん。今回は本当にどうもありがとうございます。

義理のご両親が遊びにいらしていた最中に作ってくださったというクグロフ・サレ、製作初回トライで本場フランスからの義理のご両親に花マルをもらったよう。頑張った甲斐がありましたねーーー

 

 

『今日ずっと作ってみたかったクグロフ初めて作りました!

義理両親も遊びに来ていて、主人も春休みなのでようやくゆっくり作る時間ができましたので。思ったよりちゃんと出来上がったので、嬉しくて作った早々夜分遅くにメールしてしまいました。

義理両親は甘くないクグロフを食べるのが初めてだったみたいで、すごくふわふわで義理両親からもc’est bon!いただきました。

ボールで捏ねてる時の生地の見極めがすごーく大事なんだなーと思い、少し焼き過ぎましたが初めてにしてはきちんと膨らんでくれて、ふわふわのクグロフが出来て大満足です。
 。
 
焼きたては本当においしいですね!また近々ライ麦パンも作ってみようと思います。パン作りはまりそうです。
作って失敗しながらも今度は気をつけよう!って思えるので、失敗しながら色々学べますね。』

 

 

ところで5月レッスンのご案内が始まったばかりですが、そのレッスンにもご参加くださるRさん。食パン系のパン作りはパン焼き器にお任せしているという方々が多いなか、敢えてこのパン・ド・ミーをレッスンで取り上げた理由は、材料入れてスイッチポン操作で焼きあがるパンとの明白な質の違いと込められた愛の度合いの違いをひしひしと感じていただくためでもあります♪

スイッチポンで焼き上がり!のパンと材料がたとえ同一であっても、自らの手で手順を踏み、それら手順の背景を理解した上で作り上げられたパンはもっともっと愛いっぱいでもっと美味しく高品質。というわけで5月レッスンではRさんのお越しを楽しみにお待ちしております。

今回は久々にご報告をいただけて大変嬉しかったです、本当にどうもありがとうございました。

Love & Gratitude 🎁 Reikocakes French Pastry and Cooking Studio