Bon Appétit! Lesson Participants’ Baking Scenes

Posted by on Feb 12, 2018 in Quoi de neuf ?   | Leave a comment

 

 

 

皆様こんにちは。

ファミリーデーにぴったりのお天気になりました。

 

春早々に花を咲かせ、鉢植えのまま毎年放置してしまっているクロッカスの球根ですが、今年も咲いてくれます。もうこれで4年目になるでしょうか。

 

我が家のファミリーデー、オットは仕事で今日は相当忙しい現場。上の息子は早朝友達と電話で遊ぶ約束をしたかと思うと9時前にはさっさと出かけて行きました。

家に居残り組は私と下のチビ。私は掃除や3月レッスンのレシピ作成のためのお菓子作りなどなど、一日マイペースに仕事をしている予定。チビは一人遊びがお得意なので今日は私も仕事に専念できます。。。

 

 

Reikocakesでは土曜日曜とレッスンが開催されておりました。

 

土曜のレッスンにご参加くださったFumikoさんから、この陽気にぴったりの ”春の使者” を頂戴しました。

オーガニックのふきのとう!

 

素敵!私がこれを目の当たりにしたのは何年振りでしょうか。感激

大概は和風に調理するところなのかもしれませんが私は洋風に頂く予定。この貴重な素材を食卓に並べて春の足音が少しずつ聞こえてきた今日この頃をお皿の上で感じたいと思います♪

土曜のレッスンの後はそのままバンクーバーアイランドのご新居にお帰りになったFumikoさん。遠くからレッスンにお越し下さり、その上大変乙なお心遣いを頂きまして本当にどうもありがとうございました。

 

その彼女から、1月のレッスンを終えてのご自宅でのパン製作のご報告を頂いておりました。

私はここのところ連日のレッスンで忙しくて自家製パン作りから数週間ほど遠ざかってしまっていますが、手作りのパンの味が恋しくて仕方がない今日この頃ですーーー

 

*:.。..。.:+・゚ ゜゚・*:.。..。.:+・゚ ゜゚・*:.。..。.:+・゚ ゜゚・*:.。..。.:・*:.。..。.:+・゚*:.。..。.:+・゚

 

『 パンを週末に焼きました。ちょっとライ麦を表面につけ過ぎて、焼いてから動かしているうちになんだか粉が全体に行き渡ってしまった感じでしたが、美味しく焼けました。

今日はパソコンが手元にないのであまりコメントが長く書けないのですが、自分で焼いた温かいパン!至福の時でした。

あと、1月レッスンで習った野菜の一品、あれ以来何度作った事か。本当に美味しいですね。』

 

*:.。..。.:+・゚ ゜゚・*:.。..。.:+・゚ ゜゚・*:.。..。.:+・゚ ゜゚・*:.。..。.:・*:.。..。.:+・゚*:.。..。.:+・゚

.

Fumikoさんのおっしゃる1月レッスンでのお野菜の一品は、レッスンでカリフラワーのムースを作った際に、同じ調理法でお野菜を調理すると大変美味しいですよ、とご紹介した隠れた一品のことです。

我が家での日々の食卓、野菜ものといえばオットも私も大好きなこの調理法。かつてパリでアラン・デュカス系列の某レストランに行った際にとある一皿に出会い、その美味しさに大変衝撃を受けた私はそのレストランで以前シェフをしていた知人料理人にあのお料理は一体どういう調理法?と伺ったことがきっかけで我が家での日々のお料理にデュカス氏のシグニチャーとも言えるこの調理法が根付きました。そして今回1月レッスンでのご紹介に至ったという経緯であります。

 

Fumikoさんの新地でのご生活、きっとますます季節感を感じられる日々ではないでしょうか。そのうちお野菜作りも再開なさるのかしら?

新たなライフスタイルに合う食卓のご提案を今後ますますレッスンを通してお届けできるよう、私も張り切って頑張っていきたいと思います。

素敵なお心遣い、そして素敵なご自宅製作のご報告をどうもありがとうございました。

Love & Gratitude 🎁 Reikocakes French Pastry and Cooking Studio